4つの速読方法 | 一目置かれる社会人になるために知っておくべき早く読むコツ

一目置かれる社会人になる為には、どんなスキルが必要でしょうか。ブラインドタッチ? Word?Excel?オフィスマナー?たくさんあると思います。そんな中でも一番簡単に習得 できるのが、「速読」です。

「速読」と聞くとマイナーで、特殊、本好きや才能ある人じゃないとできない印象がある かもしれません。ですが確実に言えるのは、0からパソコンを習うより簡単ということです。

では実際に、どのような習得方法があるのでしょうか。

 

まずは知っておくべき速読の仕組み|読書の速さが決まる3つの要因

読書の速さには大きな個人差があります。この差を決めているのは、この3つの要因です。

  1. 読視野:一度に捉えることのできる文字数の範囲
  2. 視点停留時間:文字 を捕らえたときに、視線が止まっている時間
  3. 視点飛躍時間:視線の動きの時間

この3つを鍛えてゆけば、確実に速く読むことができます。

 

これだけ早くなる|4つの速読方法

インデックス型読書方法

  1. 目次に目を通す
  2. まえがき、あとがきを読んで本のテーマを把握する
  3. 目次の中から今知りたいことや必要なことを選んで読む
  4. 読みながらすでに知っていることはとばす

この4ステップになります。これだけで頭の中に知識のインデックスができるので、大多数の人にはこれで十分といえます。

新聞2倍読み

見出しをイメージする。

見出しから記事の内容のイメージをふくらませてから読み始めます。

かたまりで小波読み

新聞は1行が短いので、最初から一気に見るのではなく、小さな波を描くよ うに眼を動かします。下から上にあがるときに、出来れば次の行を見るようにすることも ポイントです。下から上には音声化できないのでつぶやく癖を直す練習になります。

コラムを30秒で読む!

最後に、コラムを30秒で読みます。ポイントは時間を必ず計ることです。 それにより負荷がかかり、音声化をなるべく省き瞬時にイメージする練習にもなります。 この方法の目標は、10日で2倍の速さで読めるようになることです。早ければ、3日で達成することも可能になります。

3番目の言葉の法則

これは上記2つとは違い、具体的なメニューでは他の速読法と合わせて使える方法です。すべての行の最初の3番目から読み始め、最後の3番目の言葉までしか読まないという方法。必要な情報はきちんとくみ取りつつ、文章により早く目を通すことができます。

これは、読視野が関係しており、最初と最後の言葉を読んでいなくても、それらの言葉をキャッチしてい るため、文章が理解できます。

速読10倍読みを実現する為に意識すべきこと

準備

読む前に、読書の目的を明確にして集中学習モードにはいることです。そうすることで、 本の中にちりばめられているキーワードへのアクセスが容易になります。具体的には以下 のことを考えて文字にしましょう。

  • 本に期待すること
  • この本から得られる情報はどれくらい重要か
  • どれくらい詳細に理解する必要があるか
  • どれくらい時間をかけるか

予習

  • 文章をざっと見渡す
  • 目的に沿った価値があるのかを検討する
  • 読み進めるか否かを検討する

フォトリーディング

ページ全体を見渡せるようにした状態で、全体を見るように、リズムよく、見開きを1~ 2秒でめくっていきます。この時大切なのは一定のリズムと全体を見ることです。これは、読むのではなく画像情報として頭に取り込むという作業です。

一見無駄にも思えるかもしれませんが、潜在意識にしっかりととりこまれています。例えば、一瞬見た看板の文 字やイラストの詳細を読み込まなくても、2回目に見たとき前の記憶を思いだし、初めて見たものより強く印象づくでしょう。それと同じ意味を持ちます。

復習

先ほどの画像情報に文字情報をタグ付けしていきます。具体的には以下の3つです。

  • 文章の調査
  • トリガーワードのピックアップ
  • 質問を作る

活性化

最後の作業になります。

生産的休養

最低でも10~20はほんからはなれます。但し、他のことはせず本の情報を整 理します。

  • 質問を見直す
  • マインドマップをつくる

本の情報をもとにマインドマップをつくり、言語化し、整理と理解を深めます。

高速リーディング

必要な部分や全体を読んでいきます。高速とつくのは、フォトリーディングと復習、活性化をしているので高速といってもいいくらい速く読めるからです。 一見工程が多く逆に時間がかかってしまうのではと思われるかもしれません。

ですが、慣れたときには驚くほど速く、そして理解して読むことができます。

まとめ

このほかにも無料アプリや、書籍いろいろなもので練習することができます。学校で習うことのない「速読」を駆使して、プレゼン資料に新聞、ネットニュースやSNSいろいろなものに応用してみてください。知識や情報を沢山持ち、上司や後輩に一目置かれ、同僚と差をつけるチャンスです!


齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)
齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)

The post 4つの速読方法 | 一目置かれる社会人になるために知っておくべき早く読むコツ appeared first on WRITINGNOTE.

Source: WRITINGNOTE

コピーライティングのおすすめ本15選 | 一読の価値ある良書を厳選!

ピーライティングを学ぶことでどんなメリットがあるのかは、本を探そうとしているあなたなら何となくお分かりなのかもしれませんが、改めてコピーライティングを学ぶ意義を整理していくと、この2つに絞られると思います。

  1. 言葉だけでどんな商品も売れるようになる
  2. 何を伝えればモノが売れるのか|訴求ポイントが分かる

参考:コピーライティングとは|コピーを学ぶ事で得られる効果

マーケティングの本質は、モノを売るための施策を考えて実行することだと個人的には考えているので、コピーライティングをマスターして上の効果を生み出す人材になることは、大きな市場価値を生める貴重な存在と言えるのではないでしょうか?

もし、そこまでは思っていないとしても、このモノが売れないと言われている時代、よいものをどう伝えるかの技術はかなり重要かと思います。

ただ、

  • 学ぶのに時間がかかるならちょっと面倒
  • 手っ取り早くコピーが書けるようになりたい

そう思っているのであれば、何100冊も本を読む必要もなく、これだけ読めばコピーライティングとはなんぞや?という部分がわかるおすすめの本を厳選しましたので、参考にしていただければ幸いです。

あなたは、今得ている収入をもっと増やしたくて、

・会社の誰よりも遅くまで会社に残って残業したり、、、
・土日も家族には我慢してもらって休日返上で仕事をしたり、、、
新しい資格を得て会社から報奨金をもらおうと、仕事の後は家で勉強したり

達成感はあるものの、「本当にこのままでいいのか…」という不安や疑問を感じたことはありませんか?
▶http://www.directsales.jp/TWSH/aff/video/magic.php

 

コピーライティングとは何かがよくわかるおすすめ本7選

そもそもコピーライティングって何なのか、どういったものを指すのかが全くわからない方もいると思うので、まずはコピーライティングがどういったものなのを体系的に理解しやすい本をご紹介していきます。

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

76年読み継がれてきた伝説のバイブルがついに登場! 「広告の父」デビッド・オグルヴィは、自らも本書で学び、「この本は間違いなく、いままで1番役に立つ本だ」と絶賛する。本書は、58年間、アメリカの広告業界で伝説的コピーライターとして活躍し続けたジョン・ケープルズが、実証的かつ即効性のある「科学的広告」ノウハウを明かしたもの。


ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則
ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

結構分厚い読み応えのある本ですが、これを1回や2回でも読んで置けば、コピーのことはほぼ理解できるといってイイでしょう。

究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル

全米中のダイレクト・マーケティングにかかわる人々が必ずと言っていいほど参考にするバイブルである。実際、監訳者の神田昌典氏(『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』『あなたの会社が90日で儲かるの著者』)をして「(本書で紹介されている)セールスの公式は、危険なほど効果的である。正直なところ、アカデミックにマーケティングを研究する人たちは、口が裂けても言えないセールスの真実であろう」と評している。


究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル
究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル

コピーライティングってこうやって書くのか!というのがものすごく分かりやく、事例を踏まえて解説されています。私もなんども読み返し、ドックイヤーと赤線のオンパレードです笑

ウェブセールスライティング習得ハンドブック

インターネットで売るためのスキルを身につけるための本です。売れるセールスコピーを書くためのマインドセットに始まり、インターネットで商品・サービスを販売するために必要なコピーを書く方法、売れるメールの書き方、人を動かすための心理トリガーなど。

そして、売れるコピーが書けるようになったあとそのスキルやコピーをどう活かせばいいのか、インターネットマーケティングの基礎も学ぶことができます。最後にクライアントを獲得する具体的な方法まで紹介されています。
▶ウェブセールスライティング習得ハンドブック

セールスライティング・ハンドブック「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで

セールスライティングとは何かから始まり、媒体別のコピーの書き方、さらには仕事の取り方まで幅広い分野をカバーし、セールスライターとして押さえておくべき基本事項を網羅。また、各種チェックリストなど、実用的なヒントが複数掲載しています。


セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで
セールスライティング・ハンドブック 「売れる」コピーの書き方から仕事のとり方まで

一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング

長年の実践と研究、絶え間ない改善の末、これまで、著者が指導する経営者やコピーライターにだけ、こっそりと伝承され続けてきた文章だけで、12時間で5億円を売り上げた人を操る文章テクニックを初公開します。


一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング
一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング

この若干の胡散臭さで、初見はあまり注目されない系の本なのですが、やっぱり気になり、読んでみようかと思ってしまうスルメタイプの本なのと、このきになる胡散臭さは購買に置ける重要な心理トリガーになるので、おすすめです。

現代広告の心理技術101

広告の目的は人に行動させること。この本を読めば、広告をより効果的にするため、ただ以下のことを学ぶことができる。

人が何を求めているのか
人は自分の求めているものをどう思っているのか
なぜ人はそういう行動をとるのか

それがわかれば、次のことが可能になる。

顧客を満足させる方法がさらにわかる
より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる
良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる
人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる
▶本の詳細はこちら

おそらく一度は聞いたことある本ではないかと思いますが、多くのサイトで紹介されているということは、やっぱりそれだけ良い本だったと言ってイイでしょう。

最強のコピーライティングバイブル―伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き

本書の編集は、2008年に『ザ・コピーライティング』、2011年に『伝説のコピーライティング実践バイブル』、2012年に『ザ・マーケティング【基本篇】』、『ザ・マーケティング【実践篇】』の名著3部作2000ページ超を担当。この名著3部作・計4冊を、たった1冊280ページに凝縮した本書ですが、ここまでくるのに、約3年の月日を要しました。現場で使えなきゃ意味がない! 結果が出なければ意味がない! と国内成功100事例を厳選。本気で結果を出したい! すぐ結果がほしいという方々に、現場でとことん使い倒していただければと思います。


最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き
最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き

 

コピーライティングをどうコンバージョンに活かすのか分かりやすい本5つ

コピーの書き方はこれまで紹介してきた本で十二分に理解できると思います。だた、書き方だけ理解しても、実際に自分のビジネスなどにどう活かせば良いのかを分かっていないと意味がありません。

そこで、コピーライティングの本と合わせて読んでおきたいマーケティング本を一緒にご紹介していきます。

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

カタログ販売やテレビのショッピング番組で売り上げを左右するのは言葉の力だと言う。たった1つの表現、説明の順序、力点の置き方を工夫するだけでセールスの成績は劇的に上がると言い、そのノウハウを30のポイントに絞って明かす。また、通信販売のみならず、人的販売の現場でも応用できるように解説を加えていく。


シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは
シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

10倍売れるWEBコピーライティング

材料集め(リサーチ)の方法、組み立て方にはルールがある。文字によるセールスを成功させる効果実証済みの「原理原則」を公開。10個の要素を組み合わせるだけで、自然と売れるセールスレターが完成する。


10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方
10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

本書は、Web上で連載され大人気を博したコンテンツの書籍化企画です。連載ストーリー全9話に、本書の書き下ろしとなる本編ストーリーのエピローグとWebマーケティングの基本解説を加えています。

解説記事ではSEOの現在の潮流をはじめ、Googleウェブマスターツールの活用術、Twitterをはじめとしたソーシャルメディアの効果的な運用法、コンテンツマーケティングの極意など、Webマーケッターが必ず押さえておくべき事柄をわかりやすく説明しています。


沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション
沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

ウェブセールスコピーの法則

Webセールスコピーの法則は、あらゆるコピーライター、起業家、マーケティング担当者にとっての宝です。書き言葉の力を存分に発揮し、それをWebで使って何百万ドルも稼ぎたい人のバイブル。マリア・ヴェローソのアドバイスは学ぶことが多く、役にたちます。


ウェブセールスコピーの法則
ウェブセールスコピーの法則

クロージングの心理技術21

もしかすると、あなたの売上げや利益が上がらない最大の原因は、対面販売でも、オンラインでの販売でも、あなたのセールストークがあなたの商品やサービスを「買わなくていい」と知らないうちに言っているからかもしれません。「そんなバカな」と思ったあなた、このページを最後まで読めばその理由と、さらにその解決法がわかるでしょう。

本の詳細はこちら

 

コピーを120%活用する為に知っておくべきSEO・WEBライティングの本3つ

最後に、ネットで強豪に打ち勝つ為のSEOライティングについて学べる良書をご紹介していきます。

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

本書は「集客」と「成約」を目的とした「Webライティング」の本です。Webサイトの企画・設計・改善方法について、「文章術」「ライティング」の面から徹底解説しています。


SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64
SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

SEO対策のための Webライティング実践講座

本書は、専門知識のない方でも常に成果を上げ続けられるように、「Webに最適」な「感覚に頼らない」方法を追求し、「提供する情報を持たない人」でもそれを「できる」ようにする「やり方」を提供する、非常に実践的な書籍です。


SEO対策のための Webライティング実践講座
SEO対策のための Webライティング実践講座

伝わるWebライティング -スタイルと目的をもって共感をあつめる文章を書く方法

本書は、読者を意識し、わかりやすく、フレンドリーなコンテンツを書くための、最高に親切なWebライティングガイドです。長年ウェブに携わってきたニコルとケイトが、Apple、 MailChimpなどでのWebライティング経験から書き上げた、待望の実践的アドバイス本です。


伝わるWebライティング -スタイルと目的をもって共感をあつめる文章を書く方法
伝わるWebライティング -スタイルと目的をもって共感をあつめる文章を書く方法

 

コピーライティングを本質的に学べるのは実践しかない

いかがでしたでしょうか。

ここまで多くの本をご紹介させていただきましたが、もちろん本を読んだだけですぐに腕が上がるわけではありません。実際になんども書いて失敗することを繰り返しながら、徐々に自分のスキルとして昇華させていることが大事になります。

頑張ってくださいね。

The post コピーライティングのおすすめ本15選 | 一読の価値ある良書を厳選! appeared first on WRITINGNOTE.

Source: WRITINGNOTE

クリエイト速読スクールから学ぶ速読の方法 | 速読の仕方と記憶に残る読み方とは

験勉強が捗らない、複数の仕事を処理するのが大変、時間がほしい……。 ひょっとしたらあなたもこうした悩みを抱えているのではないでしょうか。 作業効率を上げたい!そんなときワーキングメモリという言葉がはずせません。

今回は日本実業出版社さん出版【脳のワーキングメモリを鍛える 速読ジム クリエイト速読スクール】を紹介させていただき、ワーキングメモリを訓練するためのトレーニングの一部を紹介させていただきます。

 


速読ジム
速読ジム

 

速読の基本的な考え方|BTRメソッドとは?

BTRメソッドとは、クリエイト速読スクールによって考案された日本語の速読技術を習得するためのトレーニングプログラムです。これはBasic Training for Readers methodの略で「読書をする人のための基礎トレーニング法」を意味し、基礎の名のとおり、速読以前に読書がニガテな方でもしっかりと読書の基礎を養える訓練なのです。

ただ速く読めれば良いというわけではなく、読んだ際の理解度に重きを置いています。BTRメソッドのトレーニングは3つの観点から構成されています。

その① 認知視野の拡大

本を速く読むためには、ページ全体を広く見て、すばやく多くの文字情報を識別する能力が求められます。人間は文章を見る際に複数の情報を一度に処理しています。単語の意味をその前後に存在する言葉を元に無意識に理解しようとしているのです。

例えばライター。英単語であるlighterとwriterは日本語で表記すれば同じ「ライター」です。この「ライター」の前後に「で火をつける」だとか「プロの」などと繋げることによって「ライター」の意味を理解しているのです。認知視野の拡大とは、私たちが無意識におこなっているこの能力を更に強くしよう、ということです。

その②読書内容への集中

ただ単に速く読むだけでは速読とは言えません。その文章が正しく理解できていなかったら意味がないのです。文字情報を瞬時にイメージして効率的に整理・理解する能力を鍛えなければいけません。その本全体を通した著者の主張や理論など文字情報として明確に書かれていない内容を(自分なりに)整理できて初めて「理解」できた、と言えるのです。

速読とはこのように速く読むだけでなく、内容を論理的に理解することが大切です。

その③読書トレーニング

文字情報の認知能力や読書内容に集中していく力を実際の読書の場で実践していく必要があります。文章全体を見て、頭でイメージをして、内容を理解する力を実際の読書にて養うのです。

 

速読の方法とワーキングメモリの関係性

速読で重要なことは理解力です。なぜなら、本や文書を速く読めたところで、得られた知識が頭に定着していなければ、それを読書とは言えないからです。速さだけでは効率アップは望めません。

ワーキングメモリとは理解力を上げるカギ

頭の働きを最新の脳科学で説明するとワーキングメモリという考え方になります。ワーキングメモリとは、得られた情報を一時的に保持・操作する際に使用される脳の機能であり、言い換えれば、記憶と処理を行う機能です。どういうことかというと、例えばあなたも計算問題を解くときに、頭に数を一時的に残しながら暗算をしますよね。

また料理のとき、作業中の手順を頭にメモしながら、次の手順を導き出します。このように私たち人間はワーキングメモリをうまく活用することで、複雑な行動や思考を行うことできるのです。

同時に何かをするときに役立つ

ワーキングメモリのもう一つの大きな機能は物事に優先順位をつけて集中することです。必要な情報と不要な情報を振り分けることにもワーキングメモリが欠かせないのです。私たち人間は勉強や読書のとき、文字情報の内容を一時的に保持し、その内容に検討を加えることで情報を理解しています。

もしも、頭の中の情報をメモするスペースが小さいと、次の文章を読もうとしても新しい情報を理解することができないのです。結果読書スピードが遅くなります。ワーキングメモリのスペースが大きければ、たくさんの情報を保持することできるので、効率よく文章の内容を整理することができ、速く情報を理解できるようになるのです。

ワーキングメモリを訓練し鍛えることによって、勉強や仕事といった作業の効率に差をつけることになります。BTRメソッドのトレーニングは、ワーキングメモリを鍛えるために非常に有効です。

 

ワーキングメモリを鍛えるトレーニング方法

カウント呼吸法

トレーニングの目的 心身をリラックスさせることを目的とした呼吸法です。トレーニングを始める前に集中しやすい状態を作ります。緊張せず、楽な気持ちになりましょう!

1:まずはリラックスをする

腰を伸ばし背もたれのある椅子に腰かけ、肩の力を抜いて頭を軽く前に落とすようにします。手は腿の上に乗せ、目は軽く閉じてまぶたの力を抜きます。

2:呼吸を整える

息を吸いはじめます。息を吸いながら心の中で(ひとーつ)と数えましょう。いっぱいに吸い込んだら、次はしずかに吐き出します。そして心の中で、力が抜けていくことを自分に言い聞かせるように唱えましょう。

お腹がへこむまで息を吐ききったら、再度息を吸います。息を吸いながら心の中で(ふたーつ)と数えましょう。息を吐くときは力が抜けていくことを自分に語りかけましょう。3分経過するまで、これを繰り返します。

3:記録をする

3分間の呼吸数がいくつだったかを記録します。心の中で先ほど数えた数を記入します。

スピードチェック

速さと正確さを追及するトレーニングです。目と手を同時に使用することによって、情報処理のスピードだけでなく、集中力も鍛えられます。トレーニングの方法 左側に太字で書かれている漢字や英単語と同じもの、その右側の8個から素早く見つけ出し、丸印をつけていきます。

1 南南東 東南東 南南東 北北西 東北東 北北東 西北西 西南西 南南西
2 北北西 東北東 南南西 東南東 北北西 南南東 北北東 西北西 西南西
3 東北東 南南東 北北東 東南東 東北東 西北西 南南西 西南西 北北西
4 南南西 西南西 北北西 北北東 東南東 北北東 南南東 南南西 西北西

 

1 score scrum scope scene scrap screw score screen scoop
2 scoop scene scoop score scrap scrum scope screw screen
3 scene scene screw scrap screen scoop scrum scope score
4 scope screen scene screw scoop scrap scope scrum score

丸印をつけた数を記録します。答え合わせは必要ありません。実際の問題ではこれを40個ずつ行い、制限時間1分で付けられた丸印の数を数えます。まずはできるだけ多くの丸印をつけましょう。その後、1分以内に40個つけられるように繰り返しトレーニングを行うのです。

スピードボード

トレーニングの目的 目で見た文字を、頭の中でイメージする速度をあげるためのトレーニングです。情報を理解するスピードを限りなく速くする、実践的なトレーニングです。

トレーニングの方法

ステップ1

ステップ1のボードを机の前方に置きます。ボードは3×3のマス目になっていますが、必ず0の位置からスタートです。問題文に従い、マスの中をイメージして動かします。ボードを見ずに頭の中だけで動かしましょう。最終的にたどり着いたその位置をボード1と照らし合わせてください。その位置にある数字orアルファベットが答えです。

A 1 B
 4 0 2
D 3 C
1 上へ1 右へ1 下へ2 左へ2 上へ2
2 下へ1 上へ2 下へ2 左へ2 上へ1
3 左へ1 右へ2 左へ2 右へ2 左へ2
4 左へ1 右へ2 左へ2 上へ1 右へ1

制限時間は3分です。3分以内に終わるようになったら、ストップウォッチを併用し、時間を計って終わった時間を記録しましょう。実際にはこの問題を制限時間3分で30問解きます。

ステップ2

方法はステップ1と同じですが今回は4×4です。

a 1 b 2
6 0 7 c
f 8 g 3
5 e 4 d
1 右へ1 下へ1 左へ1 上へ2 左へ1
2 右へ2 下へ2 左へ2 上へ1 左へ1
3 右へ2 上へ1 左へ2 下へ1 左へ1
4 左へ1 下へ2 右へ2 上へ1 右へ1

ステップ1と同様に実際の問題ではこれを制限時間3分で30問行います。最初は解答数を数え、その後は2分以内に終わるようにしましょう。間違いは3つまでOKです。

イメージ記憶

トレーニングの目的 文字を読むときに、その場面・状況が頭の中で素早く浮かぶのと、そうでないのとでは、読書のスピードでも内容の理解度でも大きな差が生まれます。イメージ記憶トレーニングは、言葉から素早くイメージを浮かべるトレーニングです。イメージする力を訓練することで、読書スピードのアップやより深い内容の理解ができるようになります。

トレーニングの方法 問題は、上下で2個一組の単語が1ページに2段ずつ並んでいます。組になった2つの語の間には、意図的な関係は全くありません。

問題の2個一組になった単語40組を制限時間2分で覚えていきます。2つの語をひとつのイメージにして心の中に思い浮かべながら覚えます。

例えば、池‐滑り台なら池に浸かっている滑り台のように映像をイメージするのです。2分経過したら記入用紙にある下段の単語を思い出しながら記入します。記入が終わったら答え合わせをせずに再度同じ問題を見て1回目と同じことを繰り返します。2回目が終わったら、答え合わせをしましょう。


















竿






















































 


















竿



















 

イメージ力は日常生活ではそれほど意識をしませんが普段の勉強・仕事でも大切なことなのです。ここで得られたイメージによる記憶の感覚が実際の読書で活かすことができるようになると、その文章の要点を素早く記憶し、楽に思い出せるようになり、効率アップに繋がります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は効率アップのための速読の方法 BTRメソッドのワーキングメモリトレーニングのうち、スピードチェック、スピードボード、イメージ記憶を紹介させていただきました。

よく言われる眼球運動だけでは効率アップにはつながりにくく、速読で大切なことは理解力であることをお伝えしましたが、今回のトレーニングもすぐに目覚ましい効果が期待できるわけではありません。

ですがコツコツと継続していくことで良くなっていくのでゲーム感覚であいた時間にでも訓練をしてみましょう。頑張れば頑張るほどに集中力がつき、ひいては効率アップにつながっていきます。勉強の学習能力も、仕事の成果もあげていきましょう。


速読ジム
速読ジム

The post クリエイト速読スクールから学ぶ速読の方法 | 速読の仕方と記憶に残る読み方とは appeared first on WRITINGNOTE.

Source: WRITINGNOTE

ダイレクトマーケティングの活用・成功事例3つと覚えておくべき専門用語

今回は、ダイレクトマーケティングを活用してきた企業の成功事例を3つご紹介していきます。

あなたは日々たくさんの問題やトラブルに遭遇していることでしょう。例えば、、、
・ここ最近売上が伸びずに行き詰まっている…
・本当に今コレをやっていていいんだろうか?と迷いがある…
・新しい方法を試しているけど、効果がでているかわからない…
しかし、この問題。全て、正しい質問を投げかけることで、解決することができるといったらどうしますか?
本書「売上が伸びない時に読む本」ではあなたのビジネスの伸び悩みを打破するためのその魔法の質問を公開しています。

本書の著者
シェーン・アッチソンとジェイソン・バービーは、20年以上もの経験をもつデジタル戦略のエキスパート。マイクロソフト、P&G、コカコーラといった世界トップグラスの影響力をもつブランド企業に”結果重視”のデジタル戦略を指導しています。

 

ダイレクトマーケティングを活用した成功事例3つ

実際にダイレクトマーケティングで成功している企業は・・・・

  • アメリカン・エキスプレス
  • メットライフ
  • フォード
  • メルセデスベンツ
  • BMW
  • デルコンピュータ
  • アムウェイ
  • ベネッセコーポレーション
  • ネスレジャパン
  • ジュピターショップチャンネル
  • ファンケル
  • グリコ
  • アスクル
  • ソニー

いずれも、一度は聞いた事がある企業ばかりのはずです。せっかくなので、いくつか日本の事例をご紹介しましょう。

ネスレジャパン:ネスカフェアンバサダー

オフィスで淹れたての本格的なコーヒーが飲めるマシンを無料でレンタルできる。1人以上の会社であればOKで、月1500円でコーヒーが50杯以上飲める環境を提供してくれます。缶コーヒー一杯100円程度なので、このコーヒーマシン1台あることで節約にもなりますね。

ポイント1:コーヒーマシンを無料配布

まず大きなポイントはコーヒーマシンを無料でレンタル出来る事。「無料」はいつの時代も大きなチカラを持った言葉といえます。この無料でコーヒーマシンを貸し出すことで、一番最初のハードルを下げ、とりあえず使って貰い定期購入に繋げています。

ポイント2:アンバサダー制度の導入

ネスレジャパンの上手い部分はコーヒーマシンの無料配布よりもむしろこっちの紹介制度でしょう。社会人でコーヒーが嫌いな人はそう多くはありません。今日のスタバ人気を見ての通り、女性も男性も皆コーヒーが好きなんです。

そこで登場するのがこれです。

引用元:https://nestle.jp/amb/mgm/

ネスカフェアンバサダーに登録し、知人友人に紹介して行く事で。豪華な商品が貰えるという、ダイレクトマーケティングに欠かせないリレーションシップ(顧客との関係性)を見事に構築しています。

なんて事もない、個人で出来る代理店制度のようなモノですが、コーヒー界にこの制度を持ち込んだのはネスレが初めてではないだろうか?

アスクル:翌日配送と電話帳並のカタログ

アスクルと打てば、「明日来る」と変換される字面と同じく、頼んだ翌日に届く文房具通販企業です。取り扱う商品の膨大さや頼んだ翌日に来るというスピード感もウリですが、何より特筆したい点はそのカタログの太さだろう。

丁寧にデザインされた500Pにも及ぶその商品カタログは、希望すれば無料でどの家庭、企業にも届けてくれるのですが・・・一度見た事がある方はお分かりかもしれませんが、あのカタログを受け取っただけで、なんだか良い物を貰った気分にさせられる。

紙面のデザインを見ていたら、何となく購入したいと思う方もきっと多いだろう。

ポイント:競合他社を寄せ付けないカタログ戦略

アスクルの大きな魅力は「翌日発送」「全商品掲載のカタログ」「手を抜かないデザイン」等があげられるが、やはり一番はカタログだろう。

全商品が掲載されているというのはおまけに過ぎない。このカタログのスゴいところは無料で送られてきて、かつ何時間見ても飽きない。

カタログを見るのは誰であろうか?もちろん主婦や企業の事務員の女性だ。特に仕事がそれほど忙しくもない方ならこれは絶好の暇つぶし道具にもなる。

もちろんアスクルがそれを狙っていたのかは分からないが、日頃からアスクルを眺めている女性なら、次の文房具はアスクルで補充しようとなるのは容易に想像出来きますね。

その他:グリコ(ポッキー)・ソニー

ポッキーと言えば、毎年11月11日に「ポッキー&プリッツの日」として大々的なキャンペーンを実施し、今では若者の代表的なイベントデーを作り出した。

お菓子との様な低価格の商品はダイレクトマーケティングとかなり相性が良い。子供でも買えるため、その潜在層は計り知れない。子供はすぐノせられる。

ソニーはウォークマンが有名だが、最近面白いDM(ダイレクトメール)を行いました。防水イヤホンをそのまま水に付けて販売するというもの。確かにこれ以上のパフォーマンスはないだろう。

 

ダイレクトマーケティング資料の無料ダウンロード

動画プロモーションやネット広告の成功事例、コンテンツマーケティング、ダイレクトマーケティングといった各種資料300種以上から、好きなものを無料でダウンロードする事が出来ます。マーケティング知識と実践する際の参考として、是非お手にとってお役立て頂ければ幸いです。

 

ダイレクトマーケティングで覚えておくべき専門用語

テレビなどのマス広告のような、視聴率や発行部数をあまり重要視していない傾向にあるため、よその広告業界よりかはネット系の単語が多くなり、発信者側よりも受け手の反応を重視するというのが特徴ですが、ちょっと聞き慣れない言葉も多いと思いますので、かんたんに解説して行きます。

戦略系

  • オファー:商品の購入によって顧客が得られるメリットのこと
  • 見込客:商品を購入してくれそうな消費者のこと。
  • パーソナライゼイション(personalization):顧客1人ひとりに異なる情報を伝えようとすること

クリエイティブ系

  • レスポンスデバイス – 顧客から反応をもらうための仕掛けや方法のこと
  • POD(Print On Demand) – 顧客ひとりひとりに変化のある情報を提供すること

効果測定のための用語

  • レスポンス数:反応した数
  • CPA:顧客1人あたりの獲得単価
  • CPO(Cost Per Order):注文1件あたり必要なコスト
  • CVR:レスポンスから注文へ至った割合
  • BFP(Break Even Point)損益分岐を達成するのに必要な反応数
  • 貢献利益:マーケティング活動をする上で得られる純利益

 

まとめ:ダイレクトマーケティング19のルール

いかがでしたか?

最後にダイレクトマーケティングの提唱者、レスター・ワンダーマンが言った成功する19のルールをご紹介しておきます。是非今回の内容を元に、ダイレクトマーケティングに実践していただければ幸いです。

1.ダイレクトマーケティングは戦術ではなく戦略である。価値ある顧客を獲得し,維持しようとする意思である。

2.主役は製品ではなく消費者でなければならない。製品はそれを使用する消費者一人一人のために価値を創造しなければならない。

3.個々の顧客や見込み客に対して1人の対象としてコミュニケーションを行う。一般広告もよりターゲットを絞ったダイレクトマーケティングも,どちらも総合的なコミュニケーション戦略の一部である。

4.「なぜ私に?」に答える事。見込み客や顧客の理性と感性の両方を納得させる答えを提供し続ける。

5.広告は消費者の態度だけでなく,行動も変えなければならない。利益を生み出すのは,問い合わせ,購買,反復購買など説明できる具体的な消費者の行動である。

6.次の段階・利益を生む広告。広告の成果はますます測定可能になっており,広告は単に行為を形成するのみではなく利益を生む為の計測可能な投資でなければならない。

7.「ブランド体験を作る」。ブランドはコミュニケーションを含む全ての面で継続的に深い満足を顧客に与えるものでなければならない。

8.関係を創造する。買い手と売り手の関係が良好であればあるほど,利益は大きくなる。

9.個々の顧客の生涯価値を知り,投資する。ロイヤルカスタマーに投資する。

10.不確定見込み客は見込み客ではない。不確定見込み客とのコミュニケーションは単に広告費の増大につながるだけである。

11.メディアはコンタクト戦略である。大切なのはメディアから得られる測定可能な結果であり,関係構築を始められるのはコンタクト,消費者との接触だけである。

12.顧客にアクセスできる体制をとる。顧客のために常に待機している事。彼らのデータベースとなり,情報源となりできるだけ多くのコミュニケーション手段を通じてサービスを提供する事。

13.勇気を出して双方向の対話を始める。消費者に対する一方通行の広告から双方向の情報共有に改める。

14.言葉には出なかった「いつ」を学ぶ。正しい方法で問ねれば,消費者は何時買うか教えてくれる。

15.売りにつながる広告カリキュラムをつくる。

16.ロヤリティを高める意図のもとで顧客を獲得する。正しい顧客はプロモーションが提供するオファー,特典,ではなく製品自体の価値によって獲得されなければならない。

17.ロヤリティは継続的なプログラムである。全ての面で満足している顧客は離脱せず単に満足している顧客が前触れもなく離れる。

18.マーケットシェアではなく,ロヤリティに基づくカスタマーシェアが利益を生む。既に確保している有力顧客にもっと金を費やす。

19.あなたの価値は持っている知識の量によって決まる。

データの収集は支出をともなうが、それによって知識を得られれば儲け物だ。情報となり得るデータのみを集めること。それがひいては知識となる可能性がある。知識があってこそ、成功が約束され,失敗が最小限にくいとめられる。企業はもっている知識の範囲以上の存在になり得ない。

 

The post ダイレクトマーケティングの活用・成功事例3つと覚えておくべき専門用語 appeared first on WRITINGNOTE.

Source: WRITINGNOTE

キャッチコピーの書き方21選|10分でコピーが上達する基本知識

ャッチコピーを書きたいと考えていても、どうやって書けば良いのか、その書き方が分からないという事があると思います。確かに、1日や2日ですぐに上手いキャッチコピーが書けるようになるのは難しいかも知れません。

しかし、人を惹き付けるキャッチコピーや、すぐに行動に移させるコピーには、ある法則性を持った書き方が存在します。断言しましょう。人の気持ちをつかむキャッチコピーや、興味を持ってもらえる表現・文章は誰でも書けるようになります。
今日は微力ながら、伝える技術。キャッチコピーが10分でぐっとよくなる21の書き方についてお伝え致します。

キャッチコピーの書き方がよく分かる1冊

キャッチコピー(コピーライティング)を身に付けたいけど、何から始めたら良いかわからない。そんな人がキャチコピーを身につけてネット活躍するためのスキルを身につけられる本をご紹介しています。売れるコピーとはどういったものか、ネットで商品・サービスを宣伝・販売するために必要なコピーを書く方法、売れるメールの書き方、人を動かすための心理トリガーなど。そのスキルの活かし方などを、具体的に紹介していきます。

 

 

キャッチコピーが良くなる21の書き方

擬声語を使う

例えば肉が焼ける音や、野菜を切る音を文字で表現する方法があります。
「ジュージュー」や「サクッ!」ビールを飲むときは「ゴクゴク」といった具合に。

例えば・・・

1:美味しいスイーツを見つけた
2:目覚めが良い目覚まし時計

これで擬声語を使ったキャッチコピーを考えてみましょう。

擬声語のポイント

目覚まし時計は分かりやすくて良いのですが、スイーツだと漠然としているので、
キャッチコピーで登場させる商品はもっと明確にしていきます。

今はプリンにしておきましょう。

①:口に入れた瞬間「フワッと」とろけて消えるプリンを見つけた
②:毎朝「スカッと」目が覚める目覚まし時計

感情や雰囲気、質感などのニュアンスを表す時に効果的です。

感嘆語を使う

簡単に言えば「!」や「!?」「?」と言ったエクスクラメーションマークの事です。
私たちは感情がむき出しになるキャッチコピーによく目を引かれます。

「怒り」「悲しみ」「喜び」「哀愁」など、喜怒哀楽という言葉があるように、私たちの持っている感情はこの4種類が基本になります。この感情を強く表現するキャッチコピーは、日常生活の中でも使われています。

①:ウソ!?私の年収低すぎ。
②:ストップ!!飲酒運転

感嘆後のポイント

感情に訴える感嘆語はキャッチコピーを学び始めた人が多く使う最も一般的な手法ですが、多様し過ぎると逆効果です。また、「常識とのギャップを演出する」効果もあります。

以外な事実を言うときにも効果的です。

③:えっ!?イチゴは果物じゃなかったの?

ボリューム感を出す

キャッチッコピーにおけるボリューム感とは「お得感」の事です。
読み手に夢を与えるキーワードを使う事で、メリットを感じやすくなります。

ジャンルとしては、「サイズが大きい」「量が多い」「種類がたくさん」などがあります。
例えば「◯◯アップ」「◯◯増量中」「◯◯が勢揃い」「◯◯シリーズ」

ボリューム感を出すポイント

商品やサービスに使うキャッチコピーに使う事が多くなるため、
「すらり」「山積み」「ぎっしり」など、チラシを参考にすると◎

①:この夏、ぽっちゃりでもスマートに見せる◯◯水着が勢揃い
②:ねじ1本から一軒家まで何でも揃うお店です

相手に問いかける

感嘆語の「?」がついたキャッチコピーでも、内容で意味が3種類に分かれます。

1:疑問
2:質問
3:呼びかけ

答えを求めるのではなく、「◯◯しませんか?」「◯◯していますか?」と、
こちらから提案するニュアンスになります。

問いかけのポイント

このキャッチコピーで伝える事は、あなたが一番伝えたい事です。
ポジティブがメインなら「くよくよするのはやめませんか?」となります。

①:まだ家計簿を手で書いていませんか?
②:感謝の心を持って生きてみませんか?

緊迫感を演出する

緊迫感した雰囲気があると、空気が張りつめ感じがします。そして、自分が状況を把握するために、頭の回転が早くなります。緊迫感を出すと、読み手は何事かと状況を把握したいという感情が働くようになります。これを利用してキャッチコピーに当てはめます。

緊張感を出すポイント

緊迫感を与えるキャッチコピーの中には、「速報」「危険」「ピンチ」の他に、「急変」「急死」「警告」など「人の生き死に」に関わるタイプもあるので、使い過ぎには注意が必要です。

①:特集・医療再生の最前線
②:緊急特番!総選挙で日本はどう変わる?

新規性の話題を出す

今まで話題に出てこなかった新しい話題をキャッチコピーに盛り込みます。「新登場」「再入荷」「世界初」「業界初」など、これまで誰もやっていなかった事や、新しく始めた取り組みなどが「新規性」になります。

①:世界初!空を飛ぶ車を開発
②:20年ぶりに復活!◯◯シリーズに新色を加えて登場!

利便性を示す

キャッチコピーは一番最初に目に入る部分です。そのファーストインプレッションで先に利便性を示してしまう事で、この商品・サービスを「買う事」「使う事」で何が起きるかを提案します。

  1. たった3分◯◯するだけで台所のカビがピカピカ
  2. ワンタッチで千切りが完了する簡単千切りマシーン

利便性のポイント

キャッチコピーに盛り込む場合は、その商品・サービスの何が便利なのか、商品・サービスの一番便利な部分を理解していく事が重要です。「子供が一緒に入れる」「駅から2分」「都心から10分以内」など。

キャッチコピーの書き方がよく分かる1冊

キャッチコピー(コピーライティング)を身に付けたいけど、何から始めたら良いかわからない。そんな人がキャチコピーを身につけてネット活躍するためのスキルを身につけられる本をご紹介しています。売れるコピーとはどういったものか、ネットで商品・サービスを宣伝・販売するために必要なコピーを書く方法、売れるメールの書き方、人を動かすための心理トリガーなど。そのスキルの活かし方などを、具体的に紹介していきます。

 

弱点を強みに変える

商品やサービスの良いところはなるべくたくさんアピールしたい。そう思うのが人情だと思います。でも、「上手い話には裏がある」と思ってしまうのも事実です。キャッチコピーで良い事ばかり説明すると逆にうさんくさいと思われる事もしばしば・・・

そんな時は、あえて弱みをさらしてしまうのも有効です。

①:5部屋しかない、伊豆の小さな隠れ家
②:う~ん、まずい!もう一杯!

ポイント

どんな弱みでもされけ出せば良いという訳ではありません。ポイントは「表と裏の関係になっている事」です。例えば、「青汁がまずいのは、体にいい成分と無添加だから」弱みの理由が強みになっている事が前提です。

③:軽くない。小回りも利かない。その重厚さが、あなたの命を守ります。

一般論を覆す

①:ビールの飲み過ぎは体に悪い。でも、1日1杯なら体に良いんです。
②:カレーはインドではなく、イギリスから日本に伝わった!?

人は常識を否定されると、その理由が知りたくなります。読み手は最初に考えていた事と逆の事、否定的な事を言われると「えっ、なんで?」という感情が働きます。

ポイント

常識をひっくり返すには、まず一般論を持ち出します。そしてあまり知られていない事実を用意して、「実は~」でつなげる。例えば、「スポーツは体にいい。」という一般論。

今度は、「運動のし過ぎは寿命を縮める」というマイナーな情報。
「実は~」でつなげると・・・

③:スポーツは体にいいですよね?でも実は、やり過ぎは早死にする原因に!

簡単に理想へ近づける!

これは耳が痛い言葉かもしれませんが、人は自分に無理な事はスルーするのに、出来そうな事には心惹かれる傾向があります。例えばダイエット食品やダイエット器具などの自己投資をする人は、「自分を変えたい」「もっと理想に近づきたい」こんな風に考えています。

でも、実際は続けるのがつらかったり、なかなか継続する事ができません。この怠け心をやる気にさせるのは簡単な事ではありません。そこで、最初の入り口を下げて、「これならなんとか・・・」と思わせる必要がある訳です。

①:1日5分で10キロ痩せるお手頃ダイエット
②:年収300万円以下でも家が買える

ポイント

「~するだけで」「◯◯出来る」という書き方でハードルを下げ、「簡単さ+理想の姿」これを意識して作ると良いでしょう。

あえてクライマックスを先に見せる

一番想像しやすいのは映画の予告ですかね?あなたもご存知だとは思いますが、映画の予告編は一番の見所をつなげて作っています。激しい戦闘、感動的なワンシーン、切ない場面など。

ポイント

ここでは、「驚き」「感動」「意外性」を出すのがポイントです。事件が起こる瞬間からクライマックスへと場面を移す事で効果的な印象がうまれます。書き方としては、内容をどう感じたか書き出し、印象的な場面をピックアップ。そしてその場面に関するキーワードを決めて、一点に絞って書く事で出来ます。

例)

◯◯県の今教師が一人、遺体となって発見された。

この教師は生徒に対して「死ね」「ゴミ」「クズ」などの言葉を吐いており、なかには「生きている価値はない」とまで言っており、教師を殺した犯人は必然的に絞られてきました。

虚栄心をくすぐる

自分の認められたいという欲求を満たす為なら、相手の言ってきた内容を受け入れようとして事はありませんか?「心優しいあなた」「懸命なあなた」「鋭いあなたなら」「違いが分かるあなたなら」こう言われると、お世辞を言われても嫌な気分にはなりません。

虚栄心をくすぐるキャッチコピーは自分から耳を傾けてしまいます。

ポイント

「◯◯なあなたなら」のフレーズ、「AとBがありますが、賢いあなたならAを選ぶはず」この強迫観念にも似た考えが動きが見せるのが効果的です。

①:懸命なあなたならこの魅力がもうお分かりですよね?
②:賢いあなたなら、どちらを選んだ方がお得か分かると思いますが・・・

好奇心を煽る

例えばクイズを出題されると、答えを無意識に知ろうとします。クイズなどの「謎」を盛り込むテクニックは、キャッチコピーや冒頭のリード文に効果的です。「謎」は人の好奇心を刺激するため、手がかりを探そうと無意識に番組や文章内の内容に集中してしまいます。

ポイント

もしクイズにする場合は、読み手がある程度予想出来そうな内容を選択するのがポイントです。絶対に分からない問いでは多くの人は考えるのを放棄してしまうので、分かりやすい内容を選択しましょう。


「困ったときに親は助けてくれるのか?」という質問に、
「イエス」と答えた学生は全体の何%いたでしょうか?

非道徳的な言葉を使う

最近はインターネットやブログ、Twitterの炎上が目立ちます。批判が殺到する発言は避けないといけませんが、道徳や常識を批判する言葉にはそれだけ多くの人を動かすだけのインパクトがあります。

①:奴隷のように働いた経験が自信を生む
②:親心が子供を殺す

ポイント

失言や悪口などのネガティブワードほど、あっという間に広まってしまいます。「非道徳的な言葉を入れる」のは、人間のこのような心理を利用したテクニックです。

話題のニュースから始める

話題になっているニュースなら「知っておかないといけない」そんな気持ちを利用して注目を集める方法です。話題のニュースや商品、人物などが「社会現象」と言われるほど、多くの人に影響を与える事は少なくありません。

「新規探求」「同調性」「メディア効果」を利用し、自分以外の人は皆知っているという焦燥感を煽る事出来ます。

ポイント

どんなテーマでも、話題のニュースと関連づけられれば、「話題の力」を活用する事が出来ます。

①:晩婚化次時代に、知っておくべき仕事と出産問題
②:技術の進歩であなたは仕事を失う

キャッチコピーの書き方がよく分かる1冊

キャッチコピー(コピーライティング)を身に付けたいけど、何から始めたら良いかわからない。そんな人がキャチコピーを身につけてネット活躍するためのスキルを身につけられる本をご紹介しています。売れるコピーとはどういったものか、ネットで商品・サービスを宣伝・販売するために必要なコピーを書く方法、売れるメールの書き方、人を動かすための心理トリガーなど。そのスキルの活かし方などを、具体的に紹介していきます。

 特定の人以外をあえてはぶく

「◯◯をしてはいけません」「◯◯は絶対に禁止」そういわれると逆にやりたくなるのが人の悲しい心理です。「◯◯の人以外は見ないでください」「◯◯の方だけは買わないでください」のように、特定の人以外が読んだり購入するのを禁止するテクニックです。

ポイント

禁止された方はなぜダメなのかを知りたくなるので結果的に読んでしまいますが、「ダメな理由」を明確にしておく事が大切です。

①:肌の衰えが気にならない方は読まないでください
②:毎朝起きるのがつらい人だけご覧下さい

モノや動物の視点で書く

何でもない日常でも、視点を変えると面白い発見があったりします。もし面白みに欠けると思ったら、思い切って人の目線を突破しましょう。例えば『コーラの気持ち』になって考えみましょう。

私は、昨日3丁目の自販機に入れられたコーラです。何か最近私たちのおなかに名前を書くのが流行っているみたいで、私にもKENTAって書いてあります。でも私の名前はTIHIROだ・・・そんな事よりピンチです。さっき賞味期限ギリギリのファンタが見えました。・・・私の番が回ってくる事は無い気がしています。

ポイント

モノや動物の気持ちは想像するしかありません。如何に想像力を働かせられるかがカギですね(笑)

超短文で終わらせる

長い文を使わず、短く、リズミカルに終わらせる方法です。書き出しを10文字程度で終わらせるため、必然的に強いメッセージが出来やすい。

代表的な例は
①:我が輩は猫である。名前はまだ無い。

あまりにも有名な夏目漱石の本ですね。長短文には、「分かりやすい」のに「分かりにくい」という不思議な2面性があります。「我が輩は猫」と言っているので猫が語り部なのは何となく分かりますが、どうして猫が語り部なのか?

この「どうして?」「なぜ?」を起こすのがポイントです。

②:僕は昨日死んだ。だからこうして自由に話そうと思う。
③:霧島、部活やめるってよ。

もういっそ◯◯してもらう

特定の人以外を禁止する方法に似ていますが、バリエーションが豊富なバージョンです。

  1. 想像して見て下さい。快適な眠りについているあなたの姿を
  2. 左手の親指をギュッと押してみて下さい。もし何も感じないなら、急いでこの本をお読み下さい。

ポイント

読み手に対して、何かしらの行動を取ってもらう事を強要するので、その場で出来る簡単な行動を示す必要があります。何か行動してもらった結果に応じて、その後の対応を限定する事が出来るので、読み手に自分が狙った行動を起こしてもらいやすくなります。

確かに◯◯、されど◯◯!

反論がくる事を予想して先に示しておく事で、読み手は主張を受け入れやすくなります。

ポイント

読者は自分と異なる意見が書いてあると、反論したくなるものです。そこでどのような反論があるか予想して書いておく事で主張に説得力が持てます。

日本では未導入ですが、私はこの制度に賛成です。確かに、日本人は働く事が好きな人種かもしれません。しかし、労働時間に比例して動物園にいく時間が減っては・・・より現代にあった動物園に変える事で、日本経済が復活するキッカケになると考えています。

盛って表現する

最初に言っておくと、ウソはダメです。「リピート率100%」とか「絶対治る」と言った断定は、法律違反になります。しかし、「あり得ないほど極端な表現は」読者の感情の強さ、出来事の大きさなどを印象的に伝えられます。

①:この町で過ごす1日は、まるで田舎で暮らす100日分に値する
②:プール100杯分の涙を流した。

ポイント

対象の単位を出来るだけ小さくする事です。1Lなら1000mlに、10kmなら10,000mにすると言った具合です。極端に大きな数字を入れるのも一つの方法です。


一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック
一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

 

ダメなキャッチコピーとは|目的や表現が曖昧なもの

人を行動させる、心を動かすキャッチコピーと一言でいっても、正直意味がわからないと思います。そこで、あんまりよくないキャッチコピーがどういうものなのか、いくつか例を挙げながら解説していきます。

ターゲットを限定できていない

例えば、「日本の歯を、白くします。」というキャッチコピーがありました。歯磨き粉だったか歯ブラシの広告でした。これを読んで、あなたはどう思うでしょうか?

あぁ、日本の歯をキレイにするんだな」と、多くの方が思うと思いますが、これは最悪な例です。どこかで対象を一人に絞って考える、訴求したい相手のペルソナを作り出すという話をしたと思いますが、そのセオリーが守られていません。

さらに、「日本に歯はないんです。」よくよく考えればおかしな話で、「歯」を持っているのはあなたであり、私といった人であるはずです。文脈から大体の言いたいことはわかりますが、ふわっとした表現では誰も行動しないことを覚えて起きましょう。

イメージコピーを良いと思うこと

おそらく、ルミネなどのキャッチコピーに強い憧れを持っている方も多いと思います。

・試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

・言葉に頼りすぎると退屈な女になっていく

・自分を励ませるくらいには自分のこと素敵にしておきたい

・終わりに近づくほど、どれだけでも愛せることを知る

などがありますが、キャッチコピーの本質は「消費者の心を強くとらえる効果をねらった印象的な宣伝文句」と言われており、広告や宣伝においては、キャッチコピーで商品の印象が決まる、その出来如何によっては商品自体の売れ行きが大きく左右される大事なものです。

確かに、ルミネのキャッチコピーは女心をくすぐるとして話題にはなり、認知としては高かったと思います。しかし、このキャッチコピーをみて、ルミネに足を運んだ方は本当に多かったのでしょうか・・・?

美味しさが爆発する

彦摩呂が「味の宝石箱」やらを言っていた頃によく見かけたキャッチコピーですが、美味しさが爆発するって、もはや何を言っているのか全然わかりません笑

キャッチコピーをイメージさせることに特化させる場合のデメリットは、読んだ人にとって何の影響を与えることもないケースが多く、読み手側のイメージもバラバラになると言う点です。

よいキャッチコピーは、そのコピーを読んで何らかのアクションを起こさせることです。くれぐれも印象論で「なんか良いから」で決めることだけは避けましょう。


キャッチコピー力の基本
キャッチコピー力の基本

 

人を動かすキャッチコピーを作るコツ

ひとを動かすキャッチコピーを作るためのコツをご紹介していきます

訴求の目的を明確にする

最初にキャッチコピーを作る目的をはっきりさせましょう。なにを宣伝するためのコピーなのかを明確にしなければ、なにを伝えたいのかよくわからない、曖昧なコピーになってしまいます。

課題を明らかにする

設定された目的には、必ず課題が存在します。なんでこの商品を買わなければいけないのか、この商品は何を解決してくれるのか。解決すべき課題を明確にすることで、ぶれないキャッチコピーを作ることができます。

解決策をそのまま書く

課題が明らかになったら、キャッチコピーでは解決策を提示します。集客や売上が課題であった場合、競合他社の苦手分野や自社の得意分野を切り口としていくと、解決策が見つけやすくなるでしょう。

対象を1人に絞り込む

キャッチコピーの方向性が決まったら、対象を絞り込みます。ターゲット層には、課題の解決策にもっとも反応するであろう層を選定します。仮に商品が「低価格高機能な二輪車」だった場合、「女性よりも男性」などのターゲット像が浮かんできます。

コピーで訴求するポイントをピックアップする

ターゲットを絞り込んだら、伝えるべき訴求ポイントをピックアップしていきましょう。これはつまり商品の魅力のことで、これを思いつく限り書き出していって、キャッチコピー作成の素材とします。

メリットではなく輝かしい未来を見せる

キャッチコピーでも商品のメリットではなく、商品を買った結果、使用した結果どんな良いことが起きるのかを提示しなければなりません。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

既に知っていたものや新たに知ったものも多くあったと思います。今回紹介したテクニックは、あなたが文章を使った仕事をするときに、必ず役に立つはずです。突然上手いキャッチコピーをかけるようにはならないと思いますが、実践し続けていく事が出来る人だけは必ず上手くなります。

これだけは断言させてください。

キャッチコピーの書き方がよく分かる1冊

キャッチコピー(コピーライティング)を身に付けたいけど、何から始めたら良いかわからない。そんな人がキャチコピーを身につけてネット活躍するためのスキルを身につけられる本をご紹介しています。売れるコピーとはどういったものか、ネットで商品・サービスを宣伝・販売するために必要なコピーを書く方法、売れるメールの書き方、人を動かすための心理トリガーなど。そのスキルの活かし方などを、具体的に紹介していきます。

 

The post キャッチコピーの書き方21選|10分でコピーが上達する基本知識 appeared first on WRITINGNOTE.

Source: WRITINGNOTE

SEOライティングで検索上位を獲得するWEBライティングの書き方

SEOの事を勉強し、SEOライティングなるも本を読んでみても、Webライターやブロガーであれば、「せっかく記事を書いたのにPVが伸びない」というモチベーションの上がらない経験が少なからずあるのではないでしょうか?

これならユーザーが絶対に満足するに違いない・そう言い切れるぐらい素晴らしいコンテンツを作ったのに、そのページの検索順位が全然上がらない、なかなか上位に表示されないというのはよくある話です。

残念ながらSEOを意識してどれだけ良いコンテンツを作っても、それが検索順位の向上に繋がらなければ、継続してアクセスが集まるようにはなりません。そして、検索エンジンから安定したアクセスが集まらなければ、当然コンバージョンにも繋がらない訳です。

そこで、検索順位を上げるため、SEOを意識したコンテンツを作っても検索上位に表示する為の、基本的なWEB用、SEOライティングについて考えてみたいと思います。

 

SEOライティング実践の教科書

 SEO対策の為にコンテンツを書くのであれば、その目的を忘れないようにしましょう。検索結果の上位を独占した結果、ユーザーや読者には行動(アクション)を起こして貰う事が真のコンテンツSEO、Webライティングの本当の目的です。下記で紹介する本には、その為に大切な事を解説しています。

本の名称 内容
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64 伝わる文章、買わせる文章、上位表示のためのキーワード選定、コンテンツ戦略、SEOに強いオリジナルコンテンツの作り方など、すぐに真似して使える文章テクニックが満載。
SEO対策のための Webライティング実践講座  本書は、専門知識のない方でも常に成果を上げ続けられるように、「Webに最適」な「感覚に頼らない」方法を追求し、「提供する情報を持たない人」でもそれを「できる」ようにする「やり方」を提供する、非常に実践的な書籍です。
成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座  最新の情報をふまえつつも「新しさ」や「話題性」にとらわれず、実際に効果が検証された方法を厳選。サイトの作成手順に沿った構成と改善に便利な逆引き機能が、理解を深め実現力を高めます。
Webライティング実践講座
ニュースリリースから商品説明まで
誰でも上手な文章が書ける 「型」 を提案。読むだけでライティングテクニックのコツが掴める。Web上ではさまざまなライティングのテクニックを解説。
コンテンツ・マーケティング64の法則 ライティングは特別な人だけに必要な技術だと思っているとしたら、大間違いである。もしあなたがメール、ツイッター、フェイスブックに参加しているなら、すべてのコンテンツには書くことが求められている。
ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック WEBライティングを身に付けたいけど、なにからはじめたらいいかわからない。自分のビジネスでインターネットからの売上を上げたい。そんな人がインターネットで売るためのスキルを身につけるための本です。

 

 

 

SEOライティングとはなにか?

SEOライティングとはブログの記事やコンテンツを検索エンジンから見て読みとりやすくなるようにして、検索エンジンに正しくに認識してもらうための技術です。より上位の検索順位に表示させるためのテクニックではなく、あくまでも記事、コンテンツの価値を検索エンジンに評価してもらうためのものです。

SEOライティングを行わないと検索エンジンがそのコンテンツを適切に評価することができず、本来ならもっと評価されてもおかしくないはずのコンテンツが、適切な評価を受けていない状態になります。

ユーザーの知りたい情報に応える

インターネットで検索をする人は100%、何かしら興味やで知りたい情報を検索していると考えられます。美容に関す悩みや、恋愛の事、お金を稼ぐ事、パソコンの不具合を直す方法や、転職、売上げアップ、集客に関する情報などなど。

単純に、あなたが専門に扱っている事の関して、検索順位で上位に表示されるような記事が出せれば、多くの訪問者(=読者)が見込めるようになる訳です。

 

SEOライティングで最も重要なのはタイトルの決め方

検索順位の上位に表示させる為に重要なもの、まずは「タイトル」ですね。SEOを意識して書くコツは次の5つです。

タイトルには必ずSEOを意識したキーワードを入れる

キーワードを入れるなんて当たり前のことだと思うかもしれませんが、「魅力的なタイトル」を付けようと意識しすぎるあまり、肝心のSEOに引っ掛けたいキーワードがタイトルから抜けてしまっているケースも多いので要注意です。

1タイトル1テーマが基本

どんな記事や文書でも同じですが、テーマが複数あると「どういう目的で書かれたモノか」がハッキリしなくなるため、検索エンジンの評価も低くなってしまいます。1つの記事、メール、文章で伝えたいことは1つに絞り、それ以外のことはまた別の機会で伝えるようにしましょう。

タイトルは28文字以内がベスト

タイトルは28文字~32文字以内が理想的とされており、理由としては3つあります。

検索上位に表示されるタイトルは28文字までが多い

はてなブックマーク等の常連記事も、よく見るトップ100は高確率で28文字までのタイトルを付けています。

Googleが推奨していない

ページに極端に長いタイトルをつけることを、実はGoogleは嫌っています。この情報はなかなか知られていないので、是非抑えておきましょう。

スマートフォンでは32文字以上は表示されない事が多い

スマホの比率は最近無視出来ない傾向にあります。タイトルの文字数が32文字を超える場合、稀にタイトルが途切れてしまうことがあるので、28文字に納めた方が無難でしょう。

同じキーワードを繰り返さない

一つのタイトルの中で、同一のキーワードを何度も記述しないようにしましょう。文脈上の理由などで、同一のキーワードを使った方がまとまりが良い場合でも、繰り返しは2回までに抑えましょう。コンテンツの質をGoogleさんから疑われ、検索順位を引き下げる原因になります。

ヒットさせたいキーワードは前方におく

検索順位の上部へヒットさせたいキーワードは、タイトルの出来るだけ前方に位置するように記述します。検索結果の表示順位を決めるアルゴリズムの多くは、構成部品の中でより前方に位置する単語に重点を置いています。

つまり、主要キーワードは前方に位置するように記述することで、SEO対策に効果的に働き、検索順位を引き上げる結果となります。また、ユーザーに大しても目に付きやすい位置に主要なキーワードを置くことで、見た瞬間に内容の理解を助ける効果が期待できます。


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 

SEOライティングにおける記事の見出し

見出しには文章構造、つまり配置の順番とルールがあります。たとえ似たような内容の記事であっても、この文章構造の違いで検索順位に大きな差がついてしまうので注意が必要です。以下は、見出し(hタグ)ついてです。

ページタイトルはh1を使う

記事のタイトル部分ですね。一般的なブログシステムを使っているなら特に意識する必要はありません。『タイトル欄』にそのまま入れれば自動的に<h1>タグで書き出してくれます。この<h1>を使うのは、原則的にこの1回のみです。

各見出しは<h2>付随する項目は<h3>

例えば・・・

コーヒーを100倍美味しく飲む方法<h1>

  • 1:『コーヒーとは?』<h2>
    • 1-1.『コーヒーの歴史』<h3>
    • 1-2.『コーヒーの現状』<h3>
  • 2:『最高のコーヒーを探して』<h2>
    • 2-1.『○○が重要だった』<h3>
    • 2-2.『不思議な効能』<h3>

この様に大きなくくりを<h2>、その補足的なものに<h3>を使いましょう。

不規則な並びにしない

気をつけて欲しいのは、【h1→h3→h2や、h3→h2→h1】この様に順番がバラバラになるのは止めましょう。検索エンジンがページの構成を読み取ってくれず、『このページには読む価値が無い』という判断をします。

見た目は一緒でも、SEO対策上のページ構成が分かりづらくなってしまうため、検索エンジンが正確にページの内容を読み取れなくなり、検索順位の決定に悪影響を与えてしまいます。

 

ディスクリプションの設定

サイト内や記事内のそれぞれのページでは同一のメタ(キーワード、h1、タイトル、ディスクリプション)は使わないようにしましょう。全てのページでこのディスクリプションが同じ内容だと、Googleも同一ページが複数あると認識し、重複コンテンツになる可能性があります。

「1ページ1キーワード」を守ってコンテンツを作る事を原則と覚えておきましょう。

キーワードは順番を守る

先ほどはちょっと伝え忘れましたが、検索順位の引っ掛けたいSEOのキーワードは、重要度の高い物から使うようにしましょう。例えば、『コーヒー、美味しい、入れ方』というキーワードだったら、『”コーヒー”を”美味しく飲む10の”入れ方”』という具合です。

理由は先ほども言いましたが、先頭にあるキーワードほど重要度が高いと認識されるからです。

120文字以内に納める

検索をするユーザーにとって有益な情報とは、タイトルでは伝えきれないページの内容が簡潔に書かれている事がキーポイントです。ディスクリプションは本文の補足であるとともに、ここでも検索順位を高める効果を発揮します。先ほどキーワードをいれたので、ここでもSEO対策に繋がる事が期待できます。

そして検索して来たユーザーに、さらに分かりやすく中身の要点がまとめてあげると、ユーザーはそのサイトに自分が求めている情報があるかどうか判断できるという訳です。ここには表示できる文字数に制限があり、その限界が120文字です。ぴったりに納めるか、120文字以内で完結に書く事を目指しましょう。


10年つかえるSEOの基本
10年つかえるSEOの基本

 

URLの最適化(パーマリンクの設定)

URLを最適化する事で、検索エンジンがそのページをクロールしやすくなります。さらに、検索ユーザーにも安心感を持ってもらうことができ、結果、検索順位の向上が見込めます。以下は設定する際に気をつける事です。

日本語URLは推奨できない

例えばポンコツ.jpというドメインがあったとします。日本語ドメインは直接どこかにコピペすると、『http://xn--tck8a5d2d.jp/』こんな感じで意味の分からない羅列になります。不可解な文字列が多く含まれていると、自然なリンクが貼られる際に、そのURLの一部が不要と誤解してしまう可能性があり、結果、リンクを適切に貼ってもらえなくなる可能性があります。

何か狙った事をしない限り、日本語URLを使うのは止めましょう。

シンプルで分かりやすいものを使う

例えば、「example.com/124u38y-3r4r01-?243tfbfva1_adesesret5475」この様に複雑なURLですと、GoogleのクローラーがそのURLを読み込むために、必要以上に無駄な時間がかかってしまい、結果、クロールされにくくなってしまいます。

それを、「example.com/seo-writing」 の、ような分かりやすいURLにすると、ユーザーも検索エンジンも、「このページは、SEOのライティングについて書かれている」と推測しやすくなります。

短い方がGoogleも読み込み安い

URLが過度に複雑だと、GoogleのクローラーがそのURLを読み込むために不要な時間がかかってしまいます。その結果、クロールされにくくなってしまうので、極力URLは短いものを設定しましょう。

(_)ではなく(ー)を使う

アンダーバーではなく、ハイフンをつかいましょう。何でかはよく分かりませんが(笑)Googleが推奨する『シンプルな URL 構造を維持する』には、ユーザーの関心を引くことはほとんどありませんとありました。
参照:https://support.google.com/webmasters/answer/76329?hl=ja

page1.htmlのような味気ないものでも、ユーザーやクローラーも判別しづらいので、めんどくさがらず一つ一つ設定しましょう。

 

SEOライティングのコツ|コンテンツ内の最適化を行う

コンテンツ内の最適化とは、Googleのロボットに対しても、検索ユーザーに対しても、読み取りやすいページ構成にしましょうという事です。そうする事でコンテンツの質が適切に評価され、本来あるべき検索順位に表示されるようになります。

代名詞は使わない

「これ」「あれ」「それ」と言った文字列は使うなって事です。今回であれば、「これ」を使えば、が、「SEOライティング」を使えばとなります。ちゃんとした正規表現で書く事でSEO対策の一環になりますし、クローラーも情報を拾いやすくなります。

専門用語も適度に使う

SEOライティングに限らず、文章を書く時は、「小学生にも分かるように書く」という基本があります。しかし、SEO対策で設定しているキーワードを抜いてしまっては元も子もありません。説明文には気をつけないといけませんが、省略できない専門用語などのキーワードは省略せずに使いましょう。

リンク先は内容が分かるものに

「ここをクリック」や「こちらへ」などのテキストにリンクを張るのは避けましょう。リンク先のページにどのような情報があるのか、そんな事が書いてあるのかが分かるものを設定することで、ユーザーにとっても親切です。

リンクの色はむやみに違う色に変えない

リンクの色は全世界共通してこの色です。無意味に色を変えてしまうと、それに慣れているユーザーは混乱する可能性があります。もし、一目見てリンクであることが分からない場合は、隠しテキストや隠しリンクに該当し、ペナルティの対象になる可能性があるそうです。

既存記事への内部リンクはしっかりと設定しよう

リンクと言うと、自分のサイトから他のサイトへの外部リンクを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、実は内部リンクも外部リンクと重要度はさほど変わらないのです。内部リンクは、アクセスの多いページから少ないページへリンクするのが基本です。

こうすることで、アクセス数の少ないページにも検索エンジンの目が行き届きやすくなりますが、関連性の高いページを選ぶことや、ユーザーが分かりやすいかどうかも考慮する必要はあります。

画像投稿時の注意

ブログに画像を投稿する時って、何となくぶっ込んで、「見た目がキレイなら良いや!」って思っていませんか?画像の設定も検索に引っかかりやすく最適化すると、検索エンジンから見てもスッキリした構造になるのでSEO効果を上げることができます。

さらに!画像のファイル名や alt テキストを分かりやすいものにすると、Googleの画像検索で表示されやすくなるので絶対にやっておきましょう。

altテキストは必ず入れる

alt テキストを設定すると、何らかの原因で画像が表示されない時に、代わりに入力した内容が表示されます。つまり、画像に設定したテキストがSEOの役割を果たす訳です。しかし、画像検索での上位表示を狙ってキーワードを詰め込んだり、文章量が多くなりすぎると逆効果になるので注意しましょう。

画像のファイル名は短くする

URLのパーマリンクと同じように、画像の名前(ファイル名)が長過ぎると、クローラーが読み込むまでに時間がかかってしまうので良くない。でも、短いファイル名とは言っても、『 image1.jpg 』といったファイル名は使わないようにしましょう。

画像には分かりやすいタイトルを付ける

画像にもタイトルをつけることが出来ます。画像にタイトルを付ける事で、検索された時にGoogle 画像検索の検索結果に表示されるようになります。つまり、ページタイトルと同じように、画像にもキーワードを入れておくことで、画像検索で上位に表示されやすくなるという事です。

その国の固有のテキストを使う

これは諸説ありますが、日本でなら日本語のタイトルを付けるようにして、海外なら「英語」などの言語でタイトルを振るようにしましょう。SEOなら万国共通かもしれませんが、「犬」とか「猫」なら、日本ではそのまま「犬」「猫」「イヌ」「ネコ」。海外なら「dog」「cat」にしましょう。


SEO対策のための Webライティング実践講座
SEO対策のための Webライティング実践講座

 

まとめ

長くなりましたが、検索順位を引き上げて、多くの人の目に触れさせる。SEO対策を意識したライティングするなら必ずやっておきましょう。ここでご説明した通りにライティングを行えば、今までよりも遥かに高い確率で検索上位に表示されやすくなります。

手間もかかるし、非常に面倒くさいですが、この手間を惜しまずに確実に設定するようにしましょう。また、検索順位を意識したSEO対策のライティング以上に追求しなければならないのは、言うまでもなくコンテンツの質です。

コンテンツ自体の品質が低い場合、いくら頑張ってSEOライティングを行っても残念ながら効果はほとんど出ません。まず第一にコンテンツ、書いてある内容の質。そしてそのコンテンツが検索エンジンから見ても、ユーザーから見ても読みやすくなるようにSEO対策を意識したライティングを行いましょう。

そうすれば、ただ闇雲に書き続けて検索順位の上がらず、モチベーションが上がらないと言った事も避けられます。頑張って下さい!

 

SEOライティング実践の教科書

 SEO対策の為にコンテンツを書くのであれば、その目的を忘れないようにしましょう。検索結果の上位を独占した結果、ユーザーや読者には行動(アクション)を起こして貰う事が真のコンテンツSEO、Webライティングの本当の目的です。下記で紹介する本には、その為に大切な事を解説しています。

本の名称 内容
SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64 伝わる文章、買わせる文章、上位表示のためのキーワード選定、コンテンツ戦略、SEOに強いオリジナルコンテンツの作り方など、すぐに真似して使える文章テクニックが満載。
SEO対策のための Webライティング実践講座  本書は、専門知識のない方でも常に成果を上げ続けられるように、「Webに最適」な「感覚に頼らない」方法を追求し、「提供する情報を持たない人」でもそれを「できる」ようにする「やり方」を提供する、非常に実践的な書籍です。
成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座  最新の情報をふまえつつも「新しさ」や「話題性」にとらわれず、実際に効果が検証された方法を厳選。サイトの作成手順に沿った構成と改善に便利な逆引き機能が、理解を深め実現力を高めます。
Webライティング実践講座
ニュースリリースから商品説明まで
誰でも上手な文章が書ける 「型」 を提案。読むだけでライティングテクニックのコツが掴める。Web上ではさまざまなライティングのテクニックを解説。
コンテンツ・マーケティング64の法則 ライティングは特別な人だけに必要な技術だと思っているとしたら、大間違いである。もしあなたがメール、ツイッター、フェイスブックに参加しているなら、すべてのコンテンツには書くことが求められている。
ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック WEBライティングを身に付けたいけど、なにからはじめたらいいかわからない。自分のビジネスでインターネットからの売上を上げたい。そんな人がインターネットで売るためのスキルを身につけるための本です。

The post SEOライティングで検索上位を獲得するWEBライティングの書き方 appeared first on WRITINGNOTE.

Source: WRITINGNOTE

「本気で会社をやめたいなら即、辞めてしまった方がいい」という話

どうも平です。

突然ですがあなたは今、会社に勤めていますか?

このブログをご覧になっている大多数の人は組織に属しているか、それとも何かしらの経営をしているかのどちらかに該当すると思います。

今回は組織、つまり会社に属していて「やめたい、やめたい!どうしよう!!」となっている人向けの記事です。

僕はコピーライターとして組織の中でも書いてきたし、フリーでもコピーを書いてきました。

もしもあなたがコピーライティングを生業にしていこうと考えているなら、この記事に書かれている知識がいずれかのタイミングで必要になるかも知れません。

ではいってみましょう!

会社は辞めたきゃ辞めちまえ!

と、まぁ威勢よく始まるのですが、僕の考えとしてはズバリこうです。

そりゃあ「そんな簡単に決められるかよ」と言われる人の気持ちも分かります。それでも辞めたいなら辞めるしかありません。

なぜなら「本気で辞めたくて、辞めたくて、辞めたくて、もうどうしようもなく辞めたい!我慢できない!」という状態に陥りつつも「でも、事情があって辞められない」という場合、間違いなくこれからもずっと退職の機会を逃し続ける事になるからです。

だって、悩んでしまう人には切実かつ一時的でない「辞められない事情」がある訳ですから。

それは家族の存在かも知れません。自分の勝手な判断で家族を路頭に迷わせてしまうのは死ぬほど辛いですから、そのリスクを背負うという決断は非常に勇気が要ると思います。

今の安定は捨て難い、生活水準は下げたくない、という気持ちから来るものかも知れません。もちろんその気持ちだって痛い程よく分かります。

でも、そんな事で悩んでいても問題は解決しないし、状況が良くなるなんて事はないです。はっきりと断言できる事は、「完全ノーリスクで会社を辞められる絶好のチャンス」なんてものは絶対に来ないということ。

ナポレオン・ヒルが「待っていてはだめだ。完璧な好機など永遠に来ない」って言葉を残したくなる位、チャンスなんて巡ってこないもんなんです。

会社を辞めた後に、成功するか失敗するかは分からない

もしも100%成功するなら、会社を辞めたい全員が今すぐ起業する事になるでしょう。

そりゃあ誰しも人の下につきたくはないし、「人の下につくか人の上に立つか?どちらがいい?」と聞かれたら普通は全員が後者を選びます。

でも再三言っている通り100%の成功保証なんて有り得ない。

辞めてみないと分からない、やってみないと分からないんです。会社を辞めるなら、いずれは清水寺の舞台から飛び降りるような覚悟が必要になってくるのです。

必ずどこかでリスクを飲み込んで退職しなければ状況は変えられないし、あなたの意志に反して勝手に変わっていく事もない。だったら悩んでいても仕方がないので「今、辞めちまえ!」となります。

「確かにそうだけど、どんな理由で会社を辞めればいいのか…?」

そんな理由で悩む必要は全くもって皆無。

別に仕事をやめる理由なんて何でもいい

大義名分なんて要りません。

仕事を辞めるという話を友人・知人・家族・親戚に話すと十中八九「何で辞めるの?」と聞かれると思うのですが、ここで立派な理由を述べられるような人は、そもそも悩んだりしないものです。

もうちょっと肩の力を抜いて考えて良いと思います。

会社を辞める動機なんて「上司がムカつく」だったり「もっとお金を稼ぎたい」だったり「自由な暮らしがしたい」だったりで十分。クルっと退職の動機を裏返せば「今の暮らしから逃げたい」になってしまう事もしばしばだと思います。

でも「逃げ」の何がいけないの?という事なんですよね。

「逃げられないという思い込み」が作り出している現代社会の闇と比較すれば、どっちが悪いかは一目瞭然です。うつ病になって自ら命を絶ってしまったり、職場のストレスが引き金になって引きこもってしまったり、そんな人が大勢います。

逃げずに戦って重傷を負う位なら、軽傷のうちに逃げてしまった方が100万倍良い選択だと思います。

僕は会社をやめる動機なんてどうでもいいと思っています。なので「朝起きたくない」というのも立派な退職理由です。上司や取引先に頭を下げたくない、というのもそう。

立派で見栄えのいい退職の動機が見つからないからって、退職までの時間を引き延ばす事があるとしたら、それこそが愚かな選択だと個人的には思います。

「そんな甘い考えで起業したって成功しないよ」という声

そういう話をしていると、必ずどっかから聞こえてくるのがこれです。

自己啓発屋とかが言いそうな台詞です。でも取り合う必要は全くないです。動機がいかに甘くとも、その後に「何を成すか」がしっかりしていれば起業で成功しない事の理由にはならないからです。

そして「覚悟があれば、自覚は後からついてくる」と考えています。どういう事かと言いますと…

辞める理由がどうであれ、退職後に気付くもの

例えば、

「朝起きたくない」という理由で会社をやめたとします。

フリーで働き始めると、確かに朝起きる必要はなくなりますよね。でも今度は仕事が終わらなければ夜寝られないという状態に陥ります。そしてそれでも足りなければ結局朝、早起きしたり休日に仕事をしなければならなくなります。

しかも会社に勤めていた時と違い、残業に文句を言う事も出来ず、困っても同僚にサポートや助言を求める事も出来ません。さらにそんな状態で必死に頑張ったからといって稼ぎの額に直結する訳じゃありません。

「上司や取引先に頭を下げたくない」というのは、さらに分かりやすいです。

フリーで仕事を請けるとクライアントや提携先に、勤めていた時の何倍も頭を下げなければならない事に気付く筈です。

このように、どれだけ甘い考えで起業したとしても、その先に待ち受けているのは決して甘いだけの道ではないので、スタートで二の足を踏んでいる位なら、四の五の言わずにさっさと茨の道に突入してしまえ!というのが僕の考え方です。

どんな辞め方をしても、退職後にはそれなりに苦労する 

どんな立派な理由で退職したとしても、どんなくだらない理由で退職したとしても、その後の決断が起業なら等しく苦労する事になります。

この時に「起業を成功させる!」という気持ちを強く持てれば良いだけだと思います。

難しい事や厄介な事は後々いっぱい出てくるけど、それはその時に必死に対処すればどうにかなります。むしろ事前に全ての困難を想定して準備してから辞めるなんて絶対に無理ですから、その時になって考えれば良いんです。

それに、僕の経験上勤めていて精神を病む人は数えきれないほど見てきましたが、独立して精神を病んだ人を見た事は一度もありません。

起業して逆にめちゃくちゃ貧乏になった人なら知っていますが(笑)

それでも凄く幸せそうにしているし、本人も毎日充実していると言っています。

会社を辞めて独立する前に確認しておきたい4つの事

さて。上記の理由により僕は「起業したい!」という人には「したら良いんじゃない?」と答えている訳ですが、実際会社を辞めて起業をしたらどういう風に生活が変わっていくのか?

良い事も悪い事もひっくるめてまとめてみます。

1・時間的な自由が得られる

shutterstock_430472275

先ほども言いましたが、時間的な自由が得られるのは本当に大きいです。勤めているうちは絶対に不可能な時間の使い方が出来るというのは個人的にかなり魅力ですね。

例えば10時から12時まで働き、その後15時から18時まで働き、さらに21時~23時まで働く。きちんとスケジュール調整する必要はありますが、そういうスタイルに切り替える事も可能になります。

2・実力が収入に直結する

shutterstock_332961191

勤めていると「正当な評価をしてもらえていない」という不満を抱える場面に遭遇する事があると思います。

特に年功序列を重んじる古い会社や俗にいう身内企業にお勤めの方は、相当ストレスを感じるポイントでしょう。

しかし起業してしまえば実力が全て。誰も助けてくれない反面、上げた成果は全て自分のもの。実力勝負がしたい人なら、ここは起業を考える上でとても大きな魅力になると思います。

3・保険料の高さに驚くことになる

shutterstock_537632893

会社を辞めて個人事業主として働き始めると必ず直面するのですが、保険が社会保険から国民健康保険に変わります。

社会保険の場合は「会社半分、個人半分」で会社が保険料を負担してくれているのですが、国保になると全額個人負担となり、その金額を甘く見ているとまず卒倒する事になるでしょう。

4・税金は思ったよりもエグイと知る事になる

shutterstock_313474802

「税金が高い」とはよく言われていますが、雇用されているうちはまだまだ序の口です。特に年収800万円~1000万円くらいの個人事業主は本当凄い勢いで税金徴収されるので本気で節税を意識していないとまずい事になります。

独立初年度からガツンと売上があがり、「やったー」と税金を頭に入れず散在すると、確定申告が死の宣告に変わり、ほんと洒落にならない事態に陥るので、独立と顧問税理士の契約はセットで考えた方が無難です。

まとめ

いかがでしたか?

やはり一度きりの人生ですから、やらないで後悔するよりやって後悔した方が良いという気持ちがあるのと、実際、起業して後悔している人を僕自身見た事がないので、その二つの理由により僕は起業推進派です。

他にも起業に関して色々お話したい事はありますが、長くなってきたので今回はこの辺で。

Source: 超コピーライティング道

リライトとは?|情報発信でトラブルを起こさない為の必須スキル

インターネットビジネスをする上で「リライト」という技術を身に付けることは売上を上げるために非常に重要になってくるポイントです。

どんな初心者だとしてもリライトに対する正しい知識、考え方、書き方を1から見に付け、リライトを完璧にマスターしてもらうことを目的に当記事を書きました。

もちろん、いきなりリライトをマスターしようと思っても瞬時に身に付くものではありません。そのためにはある程度の実践を積む必要があります。ですが少々の経験とちょっとしたコツがわかればさほど難しい技術ではありませんので是非取り組んでみてください。

今回の記事を参考に正しいコンテンツ作成を行って下さい。

リライトとは?

リライトの意味は「書き直す」こと。つまり、

「私は英語を話すことが出来ます。」

⇒「私は英語を使って会話をすることが出来ます。」

これが「リライト」です。

リライトとは既に存在する文章を元に考え、自分の言葉に置き換えて新しく文章を書くことです。

その過程で元々ある文章とは表現を変えることによって“全く別とも言える文章”を作成することがリライトのポイントです。

ここをしっかり把握しておいてください。

いくら書き換えるとは言っても出来上がった文章は「別の文章」になっていなければなりません。

時々ここを誤解している人がいますが、単に少し語尾を変えたりするだけがリライトではありませんのでそこのところだけ注意していただければと思います。

なぜリライトが必要なのか?

リライトはインターネットビジネスにおいて必要になるスキルです。

特にアフィリエイターやインフォプレナーにとってはブログやメールマガジン、無料レポートなど文章を書いてコンテンツを作成する機会が非常に多いものです。

それらの全てを0からオリジナルで生み出すのは大変な根気が必要であり、また膨大な時間が掛かるために、気が重くなる作業になります。そこで必要になるのが「リライト」です。

アフィリエイターにとっての仕事とも言える日々のコンテンツ作成・配信に悩んで時間が掛かると結果を出すこともなかなか難しくなります。

ですが、文章には「著作権」というものが存在しますので、例えばインターネット上にある誰かが書いた文章をそのまま自分のコンテンツとして使うことはできません。それを避けた上で、効率的にコンテンツを作成していく必要があるのですが、そこでリライトが役に立つというわけです。

リライトは文章を上達させる

リライトはもともとある文章を活かして新たに文章を作成していきます。

その過程で、多くの文章を見て、リライトを施していくことになります。

そのため、数をこなしていけばいくほど文章の型というものがわかるようになるので必然的に文章も上達していくことになります。

リライトをする上での考え方

リライトに対して多くの人が誤った認識をしています。リライトは単純に語尾や口調だけを変えたり、段落を丸ごと入れ替えたりすれば良いというものではありません。

なぜならそれは著作権を侵害することになる恐れがあるからです。

リライトをする際は著作権に注意するべし

リライトを語る上で著作権侵害は避けることはできません。「語尾を変えるだけ」、「口調を変えるだけ」などといった中途半端なリライトは著作権を侵害する恐れがあります。(著作権侵害は10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金)

著作権を侵害しないために、元の文章と見比べて誰の目から見ても「この文章、あの人の文章を真似したな」とあからさまにわかるような文章は書かないように心がけましょう。

ただ、コピー&ペーストのような「丸パクリ」をしたからといって100%それが罪に問われるかと言えば必ずしもそうではありません。インターネット上には膨大な量の文章が存在するのでたとえそのようなことをしたとしても見つからない場合もあるのは事実です。

そういう背景もあり、著作権侵害に当たるような行為をしている人も実際には少なからず存在しています。

ですがそのような行為はしないほうが無難です。

厳密に言うとどのラインからが著作権侵害にあたるのかという基準は非常に曖昧なものではありますが、余計なトラブルを防ぐためにも正しいリライトの方法を身につけていきましょう。

「罪に問われるかもしれないから」という理由ではなく、単純にモラルの問題もありますし、何よりもそのようなことをしても全くあなた自身のためにならないからです。

文章が上達することはありませんし、コンテンツとしてもスパム判定を受ける可能性もありますのでサイトアフィリエイトに取り組む人にとっては致命的なダメージを負うことになりかねません。

ここのリライトに対する認識を間違えないようにしていただきたいと思います。

では他人の文章をもとに文章を作成してもいいのか?

では「著作権を侵害する恐れがあるのならそもそもリライトは違法ではないのか?」という疑問が浮かんでくるかもしれません。

しかし、それは「間違った車の運転をすると違法になる」のと同様、「間違ったリライトの仕方をすること」は問題です。

また逆に「正しい車の乗り方」を実践すれば問題にならないだけではなく「早く目的地にたどり着ける」という恩恵があります。

リライトもそれと同じで「正しい方法」を実践しさえすれば全く問題ありません。それだけなく、「コンテンツを作成する」という目的地に早くたどり着くことが出来ます。

言葉に「縛り」はつけられない

そもそも「文章・言葉」というものはもとを辿れば誰かに教わったものです。

今話している言葉は最初、親に教わったものかもしれませんし、これまで本に書かれている言葉を日常の中で何の気なしに使っていることもあるでしょう。

だからといってそれが「著作権侵害にあたるか」と言われればNOです。

本に書かれている知識、インターネットで取り入れた情報などをそのままの形で使うことはできませんが、自分の頭の中に入れてそれを自分なりの表現をして発信することは自由なのです。

他人の文章をそのまま使っても著作権侵害にならないケース

ここまでの話を聞いたらきっと、「他人が書いた文章をそのまま使ってはいけない」と感じるかもしれませんが実はそういうわけではありません。

合法的に他人の文章を自分のコンテンツの中に組み込む方法があります。

それが「引用」です。

引用は自分が書いた文章にさらにプラスして権威性や説得力を持たせるために使われる手法です。

例えば「データ」などはそのまま使うことはできませんが、「引用」として自分の論理を根拠付けるために使うことは有効な方法です。

ただし注意があります。

引用をする場合は「引用元」を明記すること

引用をする場合は「引用元」、つまり「どこからこの文章を持ってきたのか」という情報を明記する必要があります。

そして引用ですので、あまりボリュームを持たせてコンテンツの中に取り入れるのも望ましくありません。

コンテンツのメインはあくまでもあなた自身が書いた文章です。引用はそれを補うための「サブ」に過ぎません。あなたが書いた文章を補完するものとして引用を使うようにしましょう。

リライトがしっかり出来ているかを判断する

これは先ほどもお伝えしたようにあからさまに「真似をした」とわかる文章にしてはいけません。

たとえリライトの元になった文章と自分が書いた文章を並べて見比べたとしてもパッと見て全く別人が書いたように思える内容にすることが大事です。

リライト方法 ~基本編~

ではここからリライトの具体的な方法についてお話していきます。

どれも単純なものですが、それぞれを組み合わせて使うことでコンテンツとして使う事の出来る文章を作成することができます。

まずは基本としていくつか押さえておくべきポイントを挙げていきます。

1.単語を類義語に置き換える

これは最も単純でありながら効果的なリライトの方法です。

文章の中にある単語の意味を変えないように別の単語に置き換えます。

 

原文:「英語を身に付けるために必要な要素はいくつかありますが、最も大事なことはそれらを『実践する』という気持ちです。」

リライト:「英語を習得するために必要な条件はいくつかありますが最も重要なことはそれらを『実行する』という思いです。」

 

このように単語をそれぞれ同じ意味を持つ別の言葉に置き換えることで文章全体の印象を変えることができます。

文章全体の流れはほとんど変わることはないので比較的簡単な方法と言えますが、ボキャブラリーが仮に乏しいと類義語を見つけるのに苦労するでしょう。

そこでボキャブラリーを鍛えながら簡単に類義語を見つける方法がありますのでご紹介したいと思います。

それが「ツール」を使う方法です。

◆類語辞典・シソーラス

シソーラスの使い方は非常に簡単です。こちらが画面になります。

シソーラス1

画像の赤い矢印の部分に類義語がないか調べたい単語を入力します。

シソーラス2

例えば「方法」の類義語を調べたいと思ったら方法を入力します。

シソーラス3

そうすると…

シソーラス4

このように方法の類義語がたくさん出てきます。ここから文脈に合った単語を選択しましょう。

そうすることで簡単に言い換え表現が出来ます。

2.順番を入れ替える

 

原文:「日本の子供にとって『夏休み』は一大イベントだ。夏は多くの子供にとって楽しみなものである半面、大人にとっては純粋に楽しむことはなかなか難しい」

リライト:「『夏休み』は日本の子供にとって一大イベントだ。夏は大人にとってなかなか楽しむことは難しいものである一方、多くの子供にとって夏は楽しみなものである」

 

このように文章の前後を入れ替えることで全く同じことを意味していても違う表現をすることが出来ます。

また、例では「反面」と「一方」と置き換えています。

「1.単語を類義語に置き換える」にも通じてくることですが接続詞の入れ替えというのはよく使う知識になるのである程度の言い換え表現は覚えておくといいでしょう。

以下は同じ場面で使える接続詞をまとめたものです。

・「だから」「すると」「したがって」「よって」

・「しかし」「だが」「ところが」「けれど」「でも」

・「そして」「さらに」「なお」「それに」

・「または」「それとも」「あるいは」「一方で」「もしくは」

・「つまり」「例え」「「なぜなら」「ただし」

・「さて」「ところで」「では」「ときに」「それでは」

これらを使い分けるとそれだけでその後の話を展開しやすくなります。

全て覚えるとまではいかなくてもいくつかパターンを押さえて使えるようにしておきましょう。

3.付け加える

これはオリジナルティのある文章を作成する上では大事な方法です。

「補足となる言葉を付け加える。」または「筆者(自分)の私見を述べる」などはオリジナリティのある文章にするために非常に効果的です。

 

原文:「ダイエットに取り組む上で最も大事なことは目標を設定することだと言われています」

リライト:「ダイエットを成功させるために最も大事なことは目標をしっかりと設定することだと言われています」

このように強調させる言葉などを使うことで文章にメリハリをつけることも可能になります。

これら1~3の方法を組み合わせることでオリジナルティのあるコンテンツを作成することができます。

マスターするためにも進んで実践していきましょう。

リライト方法 ~応用編~

ここからは応用的なリライトの技術についてお話していきます。

一時記憶を使ったリライトテクニック

これは人間の不完全な記憶能力を利用したリライト方法です。

やり方ですが、

 

1.まずリライトの参考にする文章を一度か二度ほど読んで頭に入れます。

2.次にその文章を閉じるなどして見るのを止めます。

3.その記憶を頼りに自分の言葉で文章を作成していきます。

以上が一時記憶を使ったリライト方法です。

簡単にいうと文章を読んで頭に入れて、その記憶を頼りに自分の言葉で書く。

ということですね。

文章の長さにもよりますがこの方法で一字一句全く同じ文章を書こうと思っても大多数の人が不可能でしょう。

例えば読んだ書籍の内容を思い出して教えてくださいといったらその書籍の内容を全部話すのではなく断片的な記憶を頼りに要点だけを絞って話しをしますよね。

伝言ゲームというものがありますが、それからもわかるように人間の記憶は曖昧なものなので、元の文章とは内容が同じでも表現の仕方や書く順序は自然に変わってきます。

リライトする際“要点を押さえる”ということが非常に重要で同じ意味を持つ別の文章を作成することが出来ればそれは立派なあなたのオリジナルの文章です。

情報収集を行った上でリライトする

例えば無料オファーに見られるような雛形としてある文章をリライトする場合に使える方法がこの「情報収集」です。

多くのアフィリエイターがあなたと同じ内容のオファーをメールマガジンで流しています。

その中には当然、その雛形をリライトして使っている人もいます。

それらを「どんな切り口から話を展開しているのか?」観察してみましょう。

リライトをする際のアイデアに関してライバル達からヒントを得ていきましょう。

これを繰り返すことで自分の頭の中にアイデアが蓄積されていきます。

最後に

リライトの方法をいくつか紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

リライトを身につけることでコンテンツを効率的に生み出せるだけでなく、文章力そのものも上達することに繋がるのでここで得た知識を積極的に実践に活かしていただければと思います。

Source: 超コピーライティング道

オシャレかっこいいプレゼン資料をパワーポイントでデザインする知識集

レゼン資料をカッコよくデザインできれば、見栄えもよく提案も通りやすい資料を作れる気がしますよね。しかし、デザイナーでもない自分がプレゼン資料をデザインするのはハードルが高い気もしますし、何より時間もかかります。

でもやりたい!そんなことを考えている場合に役立つ、「すごくカッコいいとは言えないけど、デザインもできない素人が作った割には、まあまあなプレゼン資料のデザインを作るのに必要な知識」をご紹介します。

 

プレゼン資料をデザインする前のルール

先に断っておきます。肝心の資料の内容は既に出来上がっている事が前提です。当たり前ですけどね(笑)

デザインよりも伝わりやすく!

全くの素人が一番先に学ぶ事のはまずココから。プレゼンや会社資料のデザインには、大きく2つの役割があります。一つは、情報を整理して、理解しやすい形にすることで、聞き手にストレスを与えず、効率的に情報を伝えるという役割。もう一つは、美しい資料を作成することで人の目を引くための役割。

いずれにしろ、デザインは意見や気持ちを相手に伝える為に大事な要素になります。このへんはブログやwebサイトも全く一緒ですね。 もう一つ期待される効果としては、キレイな資料を作成する過程で自分も頭が整理されて、資料の内容がより洗練されることです。

パッと見て整理されていない資料は汚い机と一緒で、自分でもだんだんとイライラしてきますよね? そうなんです、「見た目を整理すること」と「内容を洗練させること」は、切っても切り離せない関係にあります。

カッコいいだけでは自己満足

本には、1枚のスライドでは「言いたいことは一つだけ」とか、「1枚のスライドに何行以上の文章を書いてはいけない」とか、「とにかく大きな文字が良い」とか例がたくさんあります。

たしかに、これらは間違ってはいません。むしろ大正解です。

文字は少なく、大きいに越したことはありませんが、書かないといけない事はたくさんありますし、載せないといけない図もたくさんあります。資料が図や写真、文字だらけになってしまう方が普通です。

でも、受け手が正確に理解できる資料を作らないといけません。見た目だけ「なんかカッコ良くても」意味が無いんです。

文字量<<図

しかし、そうは言っても文字だらけの資料では読み手も疲れますし、作る方も確実に嫌気がさします。私もそうでした(笑)見栄えよく、伝わりやすい資料をデザインするには、大体文字4割、図(表)6割ぐらいがちょうどいい感じになりそうです。

あくまでここ数種類の経験上ですが、「これ本当に自分がやったのかな?」程度には見栄えします。究極論を言うと、見て分かれば説明なんていりません。

1スライドに1メッセージ

webサイトやブログでも言われている事ですが、言いたい事を一度に詰め込みすぎると何がなんだか分からなくなります。1項目に1メッセージは基本ですが、資料を作るときは1スライドに1メッセージを覚えておくとキレイで伝わりやすい資料になります。

新たにデザインを考えない

これはルールというよりかはオススメする事に近いですね。デザイナーと呼ばれる人達はイラストレーターやPhotoshopを持ち込んでちょっとした工夫が出来るかもしれませんが・・・僕らはそんなのできません(笑)

なので、こうしたいああしたいという希望はあっても、それを実行できるスキルが無い訳です。残念ながら・・・出来る事と言えば、パワーポイントに入っている四角と丸の図形の色を変えて使うくらいですよね。

そんな時有効な手段は「きっぱり諦める」そして、良さそうな資料のデザインをパクる!

これに限ります!実際私も様々な所からパクリました(笑)

プレゼン資料の書体は選び方で印象が違う

資料をデザインすると言っても、基本的に資料は文字で構成されている物なので、どんな「書体」、どんな「フォントサイズ」を使用するのかが大事になります。

文字デザインの基礎知識

調べて初めて分かった事ですが、日本語の文字は、「明朝体」と「ゴシック体」の2つに大別することができます。(もっと分かれると思ってました・・・)

  • 明朝体は、横線に対して縦線が太く、横線の右端、曲り角の右肩に三角形の山(ウロコ)がある書体。
  • ゴシック体は、横線と縦線の太さがほぼ同じで、ウロコが(ほどんど)ない書体です。

あなたがお使いのパソコンにもたくさんのフォントが標準で入っていると思いますが、その中には読みやすいフォントや、読みにくいフォントが存在しますよね?

資料でもタイトルに向いてるフォントもあれば、長い文章を書くのに向いているフォントもあります。つまり、フォントの使い方を間違えると、資料は台無しになってしまうのです。

プレゼンや資料を作るときには、「視認性」「可読性」「判読性」を高めることを意識して、もっとも効果的な書体を選ぶといいでしょう。

フォントサイズ

結論から言いましょう。メイリオの18pt以上を選ぶとそれっぽいです!何で良いのかと言えば・・・

・windows(mac)に標準で入ってるから環境で変わらない
・太文字に対応している
・「視認性」「可読性」「判読性」重視で作られたフォント
・等幅でバランスが良い
・18pt以下で見やすい例がない(未確認)

比べてみましょうか。

デザイン的にも見やすい資料が出来そうですよね?それは保証します!

基本全部一緒に

これから何度も言うと思いますが、一度決めたフォントは一部だけ変更をする様な事は絶対にしないで下さい。統一感こそもっとも美しい形の一つです。

何度も使ったからこの辺から変えようと思うと・・・このように統一感が失われてしまいます。

ノンデザイナーはすぐにオリジナル要素を入れたがりますが、余計な事はせず、基本を行っていけばそれだけで十分なんです。

 

プレゼン資料の文字組みをデザインする

イメージは雑誌でよく見るようなレイアウトが理想ですね。「Webデザインでは、テキストで書かれた本文は文字間の調整が難しいので致し方ないかなと思うのですが、見出し画像などの文字詰めは、ベタ組みよりもきちんと文字詰めをした方が絶対美しい」と、誰かがいってました。

助詞はちょっとだけ小さく

漢字はそのままベタ組みでも良いと思うのですが、ひらがなとカタカナは詰めた方がキレイに見えます。

 

Photoshopを使うと便利らしいです。が、全く使えない場合はちょっと面倒ですも1文字づつテキストボックスを分けて作ると出来ます。

「」系は太文字にしない

この話を聞いた時「えっ!?」思いましたが、文字組みのきちんとした雑誌を見ると納得します。大きな見出し文字は括弧が細くなっています。そして、括弧を細くしたほうがより上品に見えます。

明日何着る?の「」部分だけ太文字になっていないのがお分かりでしょうか? なんでそう分かりませんが、とにかくキレイなんですよね~。

数字は大きく、単位は小さく

例えば「500円」という文字列。そのまま組むと「円」より「500」の方が小さく、バランスが悪いみてくれになります。その場合、まず「500」の文字サイズとベースラインを他の文字に合わせ、さらに「円」の文字サイズを約2分の1から3分の2のサイズにすることで見やすくなりました。

箇条書き最強説

ブログではよくある書き方ですが、一文をずっと繋げていくいく方法場合によっては効果的です。ですが、デザインのカッコいい資料ではこの書き方はあまり良くない。文は少なめにして、図を入れた方が遥かに良いです。

しかし、図も入らない(ない)場合の有効手段はたった一つ、箇条書きです

長文にする必要もなく、短くする事で完結に、そして強い文にすることも出来ます。ブログ記事や文章である必要のない資料などでは、ところどころで箇条書きを使うといいでしょう。

 

プレゼン資料のデザインで色は使いすぎない

カラフルな資料のデザインは想像すると見栄えがしそうですが、実際にやってみると全っ然キレイに見えません(笑)バランス感もメチャクチャになりもう、酷い!色味が足りないと赤とか緑とか色々詰め込みたくなりますが、こんな方法ですっきりします。

使うカラーは◯色まで

ずばり、使うカラーは4色までにしましょう!そして、最初にテーマカラーを1色決めておくと後で配色に迷ったりする事もありません。多すぎればまとまりの無い印象になりやすいく、少なすぎればそっけない紙面になります。

テーマカラーを資料の中で徹底すると、読み手はテーマカラーから色がもつ意味を自然に読み取ってくれるようになります。「ここはブルーが使用されているから、主張したい内容」、「赤が使われているから注意点」といった具合ですね。

色を使いこなすことで、プレゼンや会社資料は更に多くの情報を読み手に伝えられるようになります。

囲み線はいらない

囲み遷都は四角とかの図形や、文字の周りを囲っている線です。← まんまですね。

こんな感じです。

上が囲み線があるやつで、下が無いやつです。ご覧の通り囲み線が無い方がキレイですね。黒で囲んでいるので余計に目立ちますが、余計な枠は全部消してしまった方が確実に見栄えが良いです。

一貫性が大事

ページによって色を変えたり突然違う事をすると、読み手だけでなく自分も混乱します。迷ったら白か黒を使いましょう。下手にカラーを入れるより、白黒はどんな背景でも合います。

構成要素を一度きりではなく、資料全体の中で繰り返し守って入れば大丈夫です。資料の中で一貫して守られることでルール化され、その存在がはっきりと読み手に認識されるようになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?基本的なことを中心にお伝えしてきましたが、これだけでだいぶ印象は変わりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

ちなみに、こんな資料もお役に立つとおもいますので、時間があれば目を通しておくといいと思います!

 

 

 

The post オシャレかっこいいプレゼン資料をパワーポイントでデザインする知識集 appeared first on WRITINGNOTE.

Source: WRITINGNOTE

新興宗教に勧誘されて分かった怖い集団心理の使い方

どうも平です。

突然ですが、新興宗教に勧誘された事はありますか?

僕はかなり濃い目の勧誘を受けた事がありまして、ふと雑談時にその時の話が出たので今回はちょっと新興宗教について色々調べてみました。

すると意外な事にマーケティング面でも参考になる部分があるんですね。と言う訳でこうして記事にしてみた次第です。

ではいきましょう!

新興宗教とは?

字体からして結構な圧力を感じる「新興宗教」。

実際どういう宗教が新興宗教と言われるか、と言うとどうやら「世界宗教、民族宗教に該当しない宗教団体の全てが新興宗教」という説が濃厚なようです。

新宗教(しんしゅうきょう、New religious movement)とは、伝統宗教と比べて比較的成立時期が新しい宗教のこと。 国ごとに言葉の意味や捉え方が異なる。 新興宗教(しんこうしゅうきょう)とも呼ばれる。 日本では、幕末・明治維新以後から近年にかけて創始された比較的新しい宗教のことをいう。

新宗教 – Wikipedia

世界宗教は、

・キリスト教

・イスラム教

・仏教

の3宗教のみ。

民族宗教は、ユダヤ教やヒンドゥー教などをはじめ結構な数がありそうです。

まずはリサーチしてみて興味深かった記事をシェアします。

新興宗教に関する興味深い記事3選

【雑学】新興宗教の信者数最新ランキング30 - NAVER まとめ

【宗教雑学】日本中のカルト教団と新興宗教まとめ – NAVER まとめ

「新興宗教の教祖になってひと儲けしたいんですが … – Togetterまとめ

ベストアンサーの人、何者なんでしょう…

あとかなり興味深い漫画もありました。

新興宗教オモイデ教 (角川文庫)

絵面もさることながら、作者があの筋肉少女帯の大槻 ケンヂ氏。相当濃そうです。

【あらすじ】

一カ月前に学校から消えたなつみさんは、新興宗教オモイデ教の信者になって再び僕の前に現れた。人間を発狂させるメグマ祈呪術とは…。オドロオドロしき青春を描く、初の長編小説。

ほんと濃そうです。。(笑)

というかこの記事を読んでいる読者さんの言いたい事は分かっています。

STOP!宗教は間に合っています

ですよね(笑)

正直「興味ないです」という人がほとんどだと思うし、それが普通な反応かと思います。

僕も新興宗教に興味を持ったこともないし、それ以前に宗教について深く考えたこともありませんでした(高校は仏教系でしたけど)。

別に宗教の存在意義を否定するつもりはないのですが、「あなたは神を信じますか?」と聞かれたら「信じないです」と即答してしまいます。それ位の感じです。

ただ「信じる者は救われる」っていう理屈は分かります。

信じている人は神の存在や奇跡のような事象によってではなく「信じる事自体」によって何らかの救いを得られているのだろうな、という見方です。

こういう事まで否定してしまうのはちょっと良くないんじゃないかと思います。

と言う訳で、僕個人の立ち位置としては宗教とかには全く興味がない、好きにしてくれという所ではあるのですが、唯一許せないのが「信仰を他人に強引に売り込む」これをやっている方々です。

これはかなりイライラしてしまいます。

全く宗教に興味のない人間まで巻き込もうとするのか本当に理解に苦しむし、仮に僕みたいな宗教の精神性と接点が一ミリもない無信心者に構ったとしてもお互いにストレスフルになるだけじゃないですか。

絶対に入信する事なんてないですからね。

「このままだと不幸になる」なんて言われてもきちんと根拠を示してもらわないと全く話にならない。これがセールスのオファーだったら導入部から分厚い添削入れられるレベルです。

絶対にあり得ないです。

そんな勧誘されたって100%はねのけてやります。

と思っていたら、がっつり新興宗教に勧誘されてピンチに!

問題は、学生時代に仲良くしていた友人から久々に連絡があった所からはじまります。

「今度、パーティーに誘われたんだけど一緒に来てよ」

なんで僕が、と思いつつ話を聞いていくと、事の経緯はこうです。

僕の友人のもとにある日突然それほど親しくもなく、かと言って知らない訳でもない、そんな微妙な距離感の人物から携帯に着信があったそうです。

「パーティーがあるから来ないか?もちろん参加費は無料だから」と言う話で、暇だった僕の友人は「暇つぶしになるならいいか」と軽いノリで参加を決めました。

しかし、そうは言ったもののあまり親しくもない上、「パーティーって何やんの?」と徐々に不安になってきた友人が、道連れとして選んだのが僕だったという非常にシンプルな話です。なんて奴だ。

でも確かに「パーティ」って何なんだろう、と思いますよね。

クリスマスパーティーとか誕生日パーティーとか、「〇〇パーティー」ならどういうものか察する事が出来るけど、単に「パーティー」と言われても何のこっちゃよくわかりません。

で、ですね。

話を戻して当日、そのパーティー会場に案内された僕と友人は想像を絶する光景を目の当たりにします。

連れていかれたのはパーティーが開かれているとは考えられない普通のワンルームマンションの一室。

そして、そこそこに広いワンルームに参加者が15~20人前後。

そこそこ広いワンルームとは言っても大の大人が20人近くワンルームに押し込められている状態は明らかに異常です。

直感的に「これはまずい」と思いました。

今さら引くに引けず中に入っていくと他の参加者に「新人さんですよね?」「よろしく」などと声をかけられ、そこで初めて僕らは「何らかの宗教か、良くない団体の集会」であることに気づきます。

「おい、これどうすんの?」

友人

「帰るでしょ」

「そりゃあね」

友人

「でも、どうやって帰るんだよ?」

 

みたいな感じで帰るタイミングを見計らっていると、初老の男性がワンルームの玄関の扉をガチャリと開けて入ってきたそうです。

その直後、今まで普通に雑談をしていた信者達が急に畏まって正座をし、教祖らしき男性に独特の挨拶をし始めました。

その後、教祖らしき男性が語った内容をまとめ、結論から言うと、その集まりはある種の宗教団体であること、信者達には「ノルマ」があり(新規信者の獲得)、そのノルマを達成し続けることにより徳が積み上げられていき魂が救われるということ、だったそうです。

「あぁ、帰りたい…本当に帰りたいよ…どうしよう」

既にこの時にもう勝敗は決しているんですよね。こういう場合に、帰る理由を探す必要なんてないんです。何を言っても引きとめられますから。本来なら無言で立ち去るのが一番。

でも、そんな強硬な姿勢が取れなくなってしまっている。僕も友人もその時点でその場の空気感というか圧力と言うか、そういう得体の知れないものに負けてしまっていた訳です。

結局「お試しで入会する」と半ば強引に仮入会させられたことで、数か月に渡りがっちり「信者につきまとわれる」という状況が出来上がってしまいました。

ちなみにこの団体の本当の目的は、信者を集め、“特殊なマイナスイオンを発生させる怪しげな機械を売りつける”という所にあったそうです(笑)

こういう話を聞いてあなたはどう思いますか?

僕らからすると散々な出来事ではありましたが、後々考えてみた時に、なぜあからさまにおかしな手口であるにも関わらず信者が集まっているのか?という点に興味が湧いてきました。

古くから伝わる宗教であれば信者に対して体系的な教理教育も可能かも知れませんが、そういう訳でもない胡散臭いエセ宗教団体には不可能なことです。

そこで個人的に色々と調べた結果二つの要素に辿りつきました。

ターゲットを逃さない2つの強烈な集団心理の仕掛け

1・集団心理を利用して意識を統一化させていること

2・信用を得る為の“説明の仕方”があるということ

この二つがかみ合い、さらに日常に強い不安や不満を持っていると、外に救いを求めたい気持ちになるのではないかと思うのです。

1・集団心理を利用して意識を統一化させていること

これは完全にマーケティングにも共通する話だと思います。

集会で全員が1つの対象(教団の場合では教祖)に、周りが心酔している雰囲気につられ無意識のうちに自分も同じ行動をとるようになるという心理が人間にはあります。

これは政治集会で言う所の拍手部隊、つまり「サクラ」を想像してもらえればわかりやすいと思います。

イマイチ良くわからない、もしくは伝わらない演説だったとしても周りが歓声と拍手を上げればそれに釣られてしまう。

そして「良く理解できていない自分」に負い目を感じ、理解しているフリをしているうちに本気で演者を素晴らしい人物であるという印象を持ってしまうというものです。

ちなみに「本気になるスイッチ」は行動にあります。

例えば、

政治集会では=“拍手”や“歓声”など

宗教集会では=“合掌”や“深いお辞儀”

音楽のコンサート等では=“手を上げる“や”頭を振る“

本来の自分1人では決して取らない行動を集団心理によって引き出された時にスイッチが入り、そこから抜け出せなくなります。

これをビジネスに置き換えると、“行動しない読者”に対して何らかのアクションを促し、行動させることによって同じような効果を得ることができます。

ここで「信頼」という土壌を作る訳ですね。

2・信用を得る為の“説明の仕方”があるということ

さらに極めつけがこちら。

前記した内容を行っておき、次に参加者から質問を受け付けます。宗教団体であれば“教祖”と“参加者”の個人面談のような形です。

これはライティングに変換するとステップメールやセールスレターのようなオファーコンテンツになります。この時に彼らは根拠がない物事を話す最、顧客の疑問に対し「即答」しません。

参加者

「参加したら本当に救われるのでしょうか?」

教祖

「はい、もちろん救われます」

 

こんな風に安易な回答はしないということです。

参加者

「参加したら本当に救われるのでしょうか?」

教祖

「それはあなたが神にとって救済すべき対象になれるかどうかによります。ですから私はあなたが神にとって必要な存在となれるように導くために今、あなたと話をしています。大丈夫です。あなたがすべきことをすればきっと神はあなたを身捨てませんよ」

 

後者は根拠のないものに対しての回答責任をぼかしつつ、第三的な要素を付け加えることで発言に説得力を持たせるテクニックです。

一方、前者の場合は、

参加者「参加したら本当に救われるのでしょうか?」

教祖「はい。もちろん救われます」

その後、“なぜなら”からの説明が必要になりますよね。具体的な根拠を提示してあげなければ100%の信頼は勝ち取れません。

これはセールスレターやステップメールでも、読者の悩みに対して明確な回答を示せない時に使うことができます。

例)英語学習ノウハウ

読者

「英語を身につけたいのですがいつも挫折してしまいます…こんな私でも、このノウハウなら英語を覚えられますか?」

販売者

「はい。もちろん覚えられます」

こう来ると「その根拠は?」という次の問いが飛んできます。ですから、それに対する明確な回答が必要になります。

そうすると具体的なノウハウを示す必要が出てくるのがお分かりになるでしょう。

では下記の説明の場合はどうでしょうか?

読者

「英語を身につけたいのですがいつも挫折してしまいます…こんな私でも、このノウハウなら英語を覚えられますか?」

販売者

「このノウハウは“英語脳”を獲得するため、つまり脳をスポンジのように使い、英単語を水のように吸収するためのものです。ですからあなたが英語を“覚える”“暗記する”という段階でつまずいているならお役に立てると思います」

 

重要なポイントは「○○できます」という断言をせず、同様の印象を生み出せるという所です。

人は断言されると、断言するに足る根拠を求めますが、そうでない場合はダイレクトに“納得”のみを求めます。その心理をついたのが上記の言い回しです。

実際、脳の仕組みはスポンジのように単純ではなく、英単語は水と言語ですから全く性質は異なります。しかしそれでも筋書きとして成り立ってしまうのは、読者が「英語を話せない」からです。

もしも英語を話せて、学習し、吸収するまでの過程を知っていれば簡単に否定できることでも、この段階で「性質が異なること」を把握できていない読み手にとっては、ただ頷くしかない心理状態に陥るのです。

脳とスポンジ

英語と水

全く関係のない2つの要素を“吸収”という共通項で結び、同化させることによって本来関連性を持たないものであったとしても説得力を持たせることができます。

まとめ

いかがでしたか?

 かなりこじつけっぽくなりそうで不安でしたが、自分で書いていて「なるほど!」と思ってしまいました(笑)

 多分、よく聞いた事のない宗教に勧誘されて集会的な場に参加した人が今回の記事を読めば「あー確かに!」と思ってもらえる筈。

 「集団心理を利用した意識の統一化」と「根拠を示す必要のない説明の仕方」、この辺りは勧誘部隊にマニュアルでも渡して教育しているんでしょうかね。それくらい徹底していたように思います。

 最後にあなたが信仰心というものをお持ちだとしたら一言。

冒頭でもお伝えしましたが、僕は宗教を信じないし、かといってそこまで否定的という訳でもありません。しかし、「お金のかかる宗教」はきっとダメだと思います。

 浄水器を売りつけられる前に逃げて下さいね(笑)それでは!

Source: 超コピーライティング道